強制的に“退位”させられた朝鮮王朝の「五大国王」とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

朝鮮王朝には27人の国王がいたが、その中で在位中に、自らの意思に反して強制的に退位させられた人が5人いる。順に紹介していこう。

(関連記事:朝鮮王朝の国王は「働きすぎ」で命を縮めていた!

◆定宗(チョンジョン)[1357~1419年]

2代王。在位は1398~1400年。李成桂(イ・ソンゲ)の次男・芳果(バングァ)のことであり、父の後を継いで王となった。しかし、実権を弟の芳遠(バンウォン)に握られて、独自の王政ができなかった。1400年に芳遠によって退位させられてしまい、以後はひっそりと暮らした。

◆端宗(タンジョン)[1441~1457年]

6代王。在位は1452~1455年。5代王・文宗(ムンジョン)の長男として、わずか11歳で王となる。1455年、叔父の世祖(セジョ)に脅(おど)かされる形で王位を譲り、上王となるも権限はなかった。復位の動きを警戒した世祖は端宗を庶民に降格させた後、1457年に殺害した。

◆燕山君(ヨンサングン)[1476~1506年]

10代王。在位は1494~1506年。9代王・成宗(ソンジョン)の長男として生まれた。元来が粗暴な性格で、王朝最悪の暴君といわれた。悲惨な虐殺事件も起こしている。1506年にクーデターによって王位を追われ、同年に流配先の江華島(カンファド)で世を去った。

ドラマ『王の顔』に登場する光海君(俳優ソ・イングク)

◆光海君(クァンヘグン)[1575~1641年]

15代王。在位は1608~1623年。14代王・宣祖(ソンジョ)の2男で、即位と同時に血の粛清に乗り出した。兄の臨海君(イメグン)を自決させ、異母弟の永昌大君(ヨンチャンデグン)を殺した。政治的業績は多かったと言われるが、身内を殺害した非道を問われて、1623年にクーデターで王位を追われた。最後は済州島(チェジュド)に流されて66歳で世を去った。

◆高宗(コジョン)[1852~1919年]

26代王。在位は1863~1907年。19世紀後半の激動期に王位に就いていたが、日本や欧米諸国の干渉を受けて苦しい政治を強いられた。1897年、朝鮮王朝が大韓帝国と国号を変更したのにともない、初代皇帝に就任した。1907年のハーグ密使事件(オランダのハーグで行われた平和会議に、日本による干渉の不当性を訴える密使を派遣した事件)の責任を問われ、日本の圧力で退位せざるをえなかった。

(文=康 熙奉/カン・ヒボン)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事