イ・ビョンホン「2人のミンジョンに感謝する」、ザ・ソウルアワーズでドラマ部門主演賞に

2018年10月29日 話題 #イ・ビョンホン
このエントリーをはてなブックマークに追加

第2回ザ・ソウルアワーズで、俳優イ・ビョンホンがドラマ部門主演賞を受賞した。

10月27日午後6時、ソウル・慶煕(キョンヒ)大学の平和の殿堂で第2回ザ・ソウルアワーズが行われた。韓流文化の根幹といえる韓国ドラマ、映画ジャンルを中心にファンと俳優がひとつになる特別な授賞式「ザ・ソウルアワーズ」は、今年で2回目を迎えた。

(関連記事:韓流祭典「第2回ザ・ソウルアワーズ」授賞式に豪華キャストが集結、受賞者&作品は?

2017年10月から2018年9月までの一年間に放送された韓国ドラマの中で、最高の活躍をした俳優に贈られるドラマ部門の主演賞。昨年の同賞を受賞したのはチソンとパク・ボヨンだった。

今年の同部門は、まさに激戦だった。『先にキスからしましょうか』のカム・ウソン、『ミスター・サンシャイン』のイ・ビョンホン、『私のおじさん』のイ・ソンギュン、『ライフ』のチョ・スンウが受賞候補に名前を挙げた。栄えある受賞者は、『ミスター・サンシャイン』のユジン・チョイ役で印象的な演技を披露し、多くの視聴者から愛されたイ・ビョンホンだった。

昨年のドラマ部門主演賞を受賞したチソンと抱擁するイ・ビョンホン

授賞式のコメントで『ミスター・サンシャイン』のスタッフの名前を一人ひとり呼び、感謝の気持ちを伝えたイ・ビョンホン。「ユ・ヨンソクがこの役をどう演じるのか心配したが、本当に立派にこなしてくれて、先輩としてありがたかった。私の演技まで目立たせてくれたキム・テリにも感謝を伝えたい」と共演者にもコメントを添えた。

また「ミンジョンという名前は、私にとって特別だ」とキム・ミンジョンに感謝を伝え、「10カ月以上も外で仕事をして、家事と育児を助けられなかったにもかかわらず、私の大きな力になってくれたイ・ミンジョンと息子にも感謝したい」と述べて、注目を集めた。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事