Stray Kids、予約注文が224万枚を突破!カムバックまで残り8日…どこまで記録を伸ばせるか

2022年09月29日 K-POP
このエントリーをはてなブックマークに追加

Stray Kidsの新ミニアルバム『MAXIDENT』の先行注文量が224万枚を超えた。

【写真】「大天使尊い!」フィリックスの“スッピン”

10月7日発売予定のミニアルバム『MAXIDENT』は9月28日午後基準で、先行注文数量224万枚を達成。これで、Stray Kidsは初のダブルミリオンセラー誕生に青信号を灯すことになった。

昨年、2ndフルアルバム『NOEASY』で「JYPエンターテインメント初のミリオンセラー」になったStray Kidsは、今年3月に発表したミニアルバム『ODDINARY』で「2連続ミリオンセラー」の称号を得た。

(写真=JYPエンターテインメント)

前作『ODDINARY』が発売2日前に先行注文数量130万枚を越えたことと比べ、『MAXIDENT』は発売まで一週間以上残っているにも関わらず、94万枚以上増加した224万枚を突破して注目を集めている。

新しいアルバムの曲名『MAXIDENT』は、英単語「Max」、「Maximum」、「Accident」、「Incident」の合成語で、予告なく迫った“大型事件”を意味する。

Stray Kidsのすべてのリード曲を作ったバンチャン、チャンビン、ハンで構成されたグループ内のプロデューシングチーム3RACHAを筆頭に、メンバー全員がクレジットに名前を載せた。

3RACHAが作った『CASE 143』は、Stray Kidsがリード曲としては初めて披露する愛の歌でユニークな魅力を持つ。初めての感情に混乱した心を「事件発生」と比喩したり、「143(I LOVE YOU)」というコードで愛を表現したりと、機転が目立った。半音階に沿って流れるシンセラインの上にスピード感を持って展開される曲の構成は、国内外のリスナーの耳を虜にすると期待される。

自己最高記録を更新し、大幅な成長を続けるグループStray Kidsの新しいミニアルバム『MAXIDENT』とリード曲『CASE 143』は、10月7日13時(日本時間)にリリースされる。

(記事提供=OSEN)

【写真】フィリックス&チャンビンが“ベッドでイチャイチャ”

JYP、Stray Kidsファンへの“ぞんざいな扱い”を謝罪【全文】

【注目】性教育まで行うJYPの“徹底教育”とは

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集