歌手カンナム、日本国籍放棄→韓国帰化へ。ファンからは歓迎の声

2019年08月13日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

歌手カンナム(日本名は滑川康男)が、韓国帰化を準備中という。

韓国人の母と日本人の父を持つ彼は、2011年にアイドルグループ「M.I.B」のメンバーとして韓国デビュー。

日本国籍でありながらも流暢な韓国語や韓国への愛情を見せ、人気を集めた。

今年3月には元韓国代表スピードスケート選手イ・サンファと交際中であることを認め、話題を呼んでいる。

小平奈緒との抱擁で話題を呼んだイ・サンファに、恋人カンナムが愛情を示す

8月12日に複数の韓国メディアが報じたところによると、昨年末から帰化を考えていたカンナムは、最近両親との話し合いも終え、日本で国籍放棄などの手続きを行うという。

所属事務所Dmostエンターテインメントも、「カンナムが苦悩の末に韓国帰化を決心した。いまは必要な書類を準備中で、今月中に帰化申請書を提出する予定だ」と伝えた。

2014年にブレイクした以来、韓国で活発に活動を展開してきたカンナムの帰化の知らせに、韓国ファンからは「大きな決断だったと思いますが、応援します」など、歓迎の声が寄せられている。

(写真=カンナムのSNS)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事