まさかそんなことまで? 朝鮮王朝の女官たちの知られざる世界! 

このエントリーをはてなブックマークに追加

王宮に入った女官が尚宮(サングン/正五品の品階を持つ上位の女官)になるまでには長い年月を要した。

その間に、失態をおかさずひたすら堪えなければならない。それだけに、労多くして尚宮にのぼりつめたあかつきには、自らの権力を思う存分に使うことができた。

その尚宮より下の官職が内人(ネイン)である。

女官は幼い頃に王宮に入ることが多いが、10数年の経験を経て多くは18歳頃に正式に内人に任命された。とはいえ、幼い頃に王宮に入っても、誰もがずっとそこにいられるわけではない。やはり能力に欠ける者や素行が悪い者は容赦なく追放された。

(関連記事:韓流時代劇に欠かせぬ妖艶な悪女たち。朝鮮王朝「三大悪女」はいかに成り上がったか

それでは、能力も性格も良ければ大丈夫か。

『宮廷女官チャングムの誓い』より(女優イ・ヨンエ)​​​​​​

いや、まだ大きな関門が残っていた。それは、処女性を確認する儀式を通過しなければならないということだった。

女官は国家と結婚した、という意識が強く、王に失礼にならないように処女性を維持するのは当然と考えられていた。この儀式は、女官が12歳か13歳のときに行われた。

それは、オウムの血一滴を腕に落とすという方法だった。腕に血がにじんでくれば合格で、血がにじまなければ処女ではないと判断されて、女官を続けることができなかった。

この儀式は『宮廷女官チャングムの誓い』にも出てきたが、この儀式にはたしてどれほどの根拠があったのかどうか。運が悪く女官をやめさせられた人も多かったことだろう。

なお、女官は一度宮中入りすると、よほどの理由がない限り、王宮から外出することができなかった。それゆえ、日常生活のすべてが王宮にあった。

内人になるまでの女官は、尚宮の下で生活をともにするのが慣例だった。24時間監視されているような気分で、息が詰まって仕方がなかっただろう。内人になると師の尚宮から独立して何人かで一部屋を使うことを許された。

もちろん、女官の居住区域は男子禁制である。まったくの女性だけの世界。同居する女官同士で、同性愛に陥る人も多かったという。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事