性的暴行容疑の元SS501キム・ヒョンジュンに警察が結論…「嫌疑なし」

2019年06月11日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

SS501出身の歌手キム・ヒョンジュン(1987年生)の性的暴行容疑を捜査してきた警察が、3カ月が経って「嫌疑なし」という結論を下した。

6月11日、京畿一山東部警察署によると、キム・ヒョンジュンの強姦容疑は「嫌疑なし(証拠不十分)」の不起訴意見で前日、検察に事件を送致された。警察は3月末にA氏から「2010年5月、高陽(コヤン)市にある家に訪ねてきたキム・ヒョンジュンに性的暴行された」という内容の訴状を受理し、捜査を進めてきた。

それに対してキム・ヒョンジュンは、A氏を名誉毀損で告訴し、警察の調査に対しても「合意による性関係だった」と主張して犯罪容疑を強く否認した。

警察関係者は「両者の当時の状況などを総合的に判断して捜査した結果、容疑に関する証拠がなく、不起訴意見という結論を下した」と明らかにした。また今回の結果に基づいて、A氏に対する捜査も本格化する見通しだ。

先立ってキム・ヒョンジュンの所属事務所SDKBは、「一方的な虚偽の主張によって15年間歩んできた芸能人としてのイメージと名誉に莫大な被害を受けた」とし、「根拠のない虚偽事実を流布する行為を断絶するためにも、事実関係が明らかになる必要がある」と、A氏を訴えた理由を明らかにした。

【関連】SS501出身のキム・ヒョンジュンが不動産で大成功!? 「財テクに高い関心」

2005年にSS501としてデビューしたキム・ヒョンジュンは、2017年に義務警察として服務し、昨年末に除隊した。去る3月には新アルバム『SNAP SHOT』を発表し、『覆面歌王』(MBC)にも出演。メキシコ、ペルーなどでワールドツアーを開催するなど、活発に活動している。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事