ワイヤーで無理やり転倒させ落馬シーンを撮影し馬を死亡させた韓国ドラマ、一時放送中断を決定

2022年01月21日 テレビ #韓流時代劇
このエントリーをはてなブックマークに追加

動物虐待議論に包まれた韓国KBSの時代劇ドラマ『太宗イ・バンウォン』(原題)が、2週連続で放送を中断することとなった。

【画像】ワイヤーで足を縛り転倒させて落馬シーンを撮影、大炎上

1月21日、『太宗イ・バンウォン』の関係者は、「最近浮上した議論によって来る1月22日と23日に放送予定だった第13、14話の放送中断を決定した」と明らかにした。

また「当初、旧正月(2022年は2月1日)を控えてスペシャル放送で代替編成予定だった1月29日と30日の放送も休む計画」と伝えた。

先立って去る1月17日に放送された『太宗イ・バンウォン』第7話、イ・ソンゲ(演者キム・ヨンチョル)が狩り中に落馬事故に遭うシーンを撮影する過程で、ワイヤーで馬を強制的に転倒させる映像が公開され、動物虐待議論が浮上した。

落馬事故シーンの撮影の際、馬の首が90度に曲がり、その馬は撮影から1週間後に死亡したことがわかった。

これと関連して、KBS側は「責任を深く痛感する」と謝罪したが、批判の声は激しくなっている。

(画像=KBS)ドラマ『太宗イ・バンウォン』

韓国大統領府ホームページに設置された国民請願掲示板にも、『太宗イ・バンウォン』の廃止を要求する請願が上がり、1月21日11時30分基準、4万人余りの賛同を得た。また女優コ・ソヨン、キム・ヒョジン、コン・ヒョジンなど有名芸能人もSNS投稿を通じて、残念さを伝えた。

なお問題のシーンが盛り込まれた『太宗イ・バンウォン』第7話は、KBSホームページをはじめとするオンライン動画サービス(OTT)で視聴することができなくなっている。

【画像】ワイヤーで足を縛り転倒させて落馬シーンを撮影…韓国ドラマ側に非難殺到

韓国アイドルに動物虐待疑惑が浮上…ハムスター24匹はどこに?

「すでに3匹の行方が…」ペットを何度も見捨てた疑惑が浮上した韓国女優

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集