新人Kep1erの“すさまじい”海外人気、反面ホームの韓国ではイマイチ?

2022年01月15日 K-POP
このエントリーをはてなブックマークに追加

新人ガールズグループKep1er(ケプラー)が海外で大人気だ。

【話題】Kep1er初のリアリティ番組が放送決定!

Kep1erのデビューアルバム『FIRST IMPACT』は、韓国国内外の様々なチャートで好成績を記録し、全世界で人気が上昇し続けている。

リリース直後には、主要11カ国のiTunes全体チャートでトップに立ち、K-POPチャートでは、アメリカ、日本、イギリス、カナダ、スペイン、ドイツ、フランス、イタリアなどの計23カ国で首位を獲得している。

そしてリード曲の『WA DA DA』は、アメリカ、日本、イギリス、オーストラリア、ドイツ、インドネシア、タイなどで3位にランクインしたのを含め、計20カ国でチャートインに成功した。

高い海外人気の反面、韓国では…?

米誌『Forbes』は1月10日(現地時間)、Kep1erについて「互いに学び合い、支え合いながら成長する多国籍ガールズグループ」として注目し、「様々な国籍、実力、業界経験を持つメンバーで構成されたKep1erは、K-POPの成長と拡張の可能性を代表している」と紹介した。

(写真=WAKEONE、SWINGエンターテインメント)Kep1er

ミュージックビデオの再生回数も海外人気を証明している。プラットフォーム別の推移をデータで提供するK-POPレーダーは、「新人ガールズグループのKep1erが、デビュー曲『WA DA DA』でミュージックビデオ週間チャート1位になった」と発表。K-POPレーダー2週目の集計期間(1月2~8日)で『WA DA DA』ミュージックビデオは、約2163万再生を記録して1位になった。

この結果についてK-POPレーダーは、「BTS(防弾少年団)、BamBam(GOT7)といった大先輩アーティストを抜き、堂々とトップに立ったという点でさらに意味が大きい」と評している。

アルバムの販売枚数も大きな話題となっている。デビュー当日に15万枚以上を記録するなど、歴代ガールズグループのデビューアルバム初動記録としては過去最高を記録。2021年、2022年にデビューした新人グループを通しても最多の販売枚数だ。

海外で多大な注目を集め、結果を残している反面、韓国国内ではあまり注目されていないようだ。

Mnetによると、Kep1er誕生のきっかけとなった番組『Girls Planet 999:少女祭典』最終回視聴率は0.87%(ニールセンコリア調べ、非地上波首都圏有料世帯基準)だったという。また、韓国のメイン音楽チャートGAONのストリーミングチャートや、melon、バックスなどでランクインできていない状況にある(1月13日時点)。

海外での好成績が話題を集めているだけに、国内でも逆転のきっかけを作れるかどうかに注目が集まっている。

◇Kep1erとは?

韓国のエンターテインメント企業CJ ENMによる、2021年最注目オーディションプロジェクト『Girls Planet 999:少女祭典』から誕生したグローバルガールズグループ。応募総数1万3000人のなかから、日本、韓国、中国の3地域で行われたオーディションを通過した各33人、計99人が参加。協力しながらミッションに挑む懸命な姿や、プロ顔負けのパフォーマンスに多くの視聴者が魅了され、2021年10月22日に日中韓同時生放送された最終回の「ABEMA」総視聴数は535万回を突破。SNSでは「#GirlsPlanet999」が世界トレンド1位、「ガルプラ」が日本トレンド1位を獲得し、「Kep1er」「ましろちゃん」「ひかるちゃん」「シャオティン」といった関連ワードのハッシュタグが20件以上トレンド入りするなど、世界中で大反響を呼んだ。

K-POPグループ元メンバーが暴露した“出来レース”と“闇”

【写真】ホントはIZ*ONEメンバーだった?『プデュ』投票操作の犠牲者が明らかに

『ガルプラ』出演の日本人メンバー含む4人が正式デビュー決定!2022年上半期ガールズグループとし

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集