国王になれなかった「悲劇の五大世子」とは誰か

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓流時代劇でやたら目立つ「5大悪女」とは誰なのか

朝鮮王朝で国王の正式な後継者のことを世子(セジャ)というが、国王の座を約束されていながら即位できなかった5人を取り上げてみる。

それは、李芳碵(イ・バンソク)、懿敬(ウィギョン)世子、昭顕(ソヒョン)世子、思悼(サド)世子、孝明(ヒョミョン)世子である。

順に略歴を紹介していこう。

◆李芳碵(イ・バンソク)〔1382~1398年〕

朝鮮王朝を建国した李成桂(イ・ソンゲ)の八男。幼いときから聡明で、1392年にわずか10歳で世子(セジャ)に指名された。しかし、この決定には無理があった。野望を持つ兄があまりに多かったからだ。1398年に「王子の乱」が起きて異母兄の芳遠(バンウォン/後の3代王・太宗〔テジョン〕)に殺されてしまった。

◆懿敬(ウィギョン)世子〔1438~1457年〕

7代王・世祖(セジョ)の長男で、世祖が甥の端宗(タンジョン)から王位を奪って即位したあとに17歳で世子となった。学問を好み優秀な若者であったが、身体が弱く、19歳で早世した。重病になったとき、21人の僧侶が必死に回復のための祈祷を行ったが、死を避けられなかった。後に、懿敬世子の息子が即位して、9代王の成宗(ソンジョン)になっている。

◆昭顕(ソヒョン)世子〔1612~1645年〕

16代王・仁祖(インジョ)の長男。1637年に人質として清に連行された。8年後、ようやく人質から解放されて帰国したが、外国にかぶれたことを理由に仁祖から疎(うと)まれ、わずか2カ月後に急死。葬儀も仁祖によって異様なほど冷遇された。後には、仁祖と側室による毒殺説も流布している。

◆思悼(サド)世子〔1735~1762年〕

21代王・英祖(ヨンジョ)の息子。幼い頃から聡明で後継者としての期待が高かった。しかし、精神的な重圧に耐えきれず、素行が乱れた。英祖の逆鱗(げきりん)に触れて自決を命じられた。従わないでいると、米びつに閉じ込められて、8日目に餓死した状態で発見された。息子が名君として名高い22代王・正祖(チョンジョ)である。

思悼世子の生涯を描いた映画『王の運命-歴史を変えた八日間-』

◆孝明(ヒョミョン)世子〔1809~1830年〕

23代王・純祖(スンジョ)の長男。1827年、18歳で父の政治を代行するようになった。人事面や法制面で優れた統治能力を見せ、名君になる素養を感じさせた。しかし、21歳で早世。その死を誰もが惜しんだ。パク・ボゴムが主演した大ヒット時代劇『雲が描いた月明り』の主人公イ・ヨンのモデルとなっている。

(写真=KBS2『雲が描いた月明り』)

以上の5人の中では、特に昭顕世子、思悼世子、孝明世子が有名で、時代劇にもよく登場している。

3人とも頭脳明晰であった。国王になっていれば、どんな政治をしていたのか…。若くして命を断たれたことを惜しむ。

(文=康 熙奉/カン・ヒボン)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事