Wanna One出身ユン・ジソン、本日(5月14日)入隊へ。ファンに向けて“サプライズニュース”も

2019年05月14日 話題 #Wanna One
このエントリーをはてなブックマークに追加

元Wanna Oneユン・ジソンが、本日(5月14日)入隊する。

ユン・ジソンは本日午後、江原道の新兵教育隊に入所して基礎軍事訓練を受け、その後、陸軍現役で国防の義務を履行する。入隊は、別途の行事なしに静かに行われる予定だ。

(関連記事:Wanna One出身ユン・ジソン、入隊前にメンバーとの“変わらぬ友情”をアピール

これに先立ってユン・ジソンは、ファンサイトを通じて「元気に行ってくる。言いたいことが本当にたくさんあるのだけど、僕がいつもたくさん感謝していることと、常に申し訳ないと思っていること。それを忘れないでほしい」と入隊前のメッセージを残している。

また、新曲リリースのサプライズニュースも伝えている。

ユン・ジソンは本日午前0時、公式SNSに一本の映像を公開。彼は映像を通じてファンに自身の安否を伝え、「僕がパバル(ユン・ジソンのファンの愛称。“米粒”を意味する韓国語)の皆さんを置いて、そのまま行くでしょうか? なんと来る19日、新曲のリリースが決まりました」と明かした。

新曲『冬、花』(原題)は、ユン・ジソンの兵役中である5月19日にリリースされる。タイトルに用いた“冬”と“花”は、ユン・ジソンにとって特別な意味を持つという。

(写真=ユン・ジソンのSNS)

ユン・ジソンは、Wanna Oneを輩出した『プロデュース101』(Mnet)シーズン2に出演する前、自身のSNSに「お前は冬山に身を投じても花を咲かせる人だ」「僕自身も、僕は“お前は冬山に身を投じても花を咲かせる人だ”と思っていたけれど、どうやら違ったみたいだ」と投稿し、終わりのない練習生生活に対する不安を吐露したことがある。

その後、同番組で最終順位8位を獲得し、Wanna Oneとしてデビューする喜びを味わったユン・ジソン。

あるとき一人のファンが「辛いときに元気の出る一言をください」とリクエストすると、ユン・ジソンは「僕の冬山にも花が咲いた。きっとあなたも、必ず咲かせることができる」と伝え、自身の辛い練習生期間と重ね合わせて労いの言葉を贈った。真心のこもったメッセージは、ファンの心を温めた。

そんなユン・ジソンは、今回の新曲『冬、花』を通じて“ファンに伝えたい言葉”を贈る。彼は新曲の制作について、「パバルの皆さんを思い浮かべながら、文字の一つひとつを綴った。パバルたちに伝えたい言葉を形にした歌になるだろう」と説明し、楽曲に対する期待感を高めている。

また、『冬、花』は韓国のシンガーソングライター、コーヒー少年が手掛けたことでも注目を集めている。

ユン・ジソンはこれに対して「僕が練習生のときから好んで聞いていたコーヒー少年先輩が、ありがたいことに歌をプレゼントしてくれた。練習生のときに楽曲を聴きながら感じていた“癒し”を、今度はパバルに届ける機会になったような気持ちだ。とても光栄で、嬉しく思っている」と伝えた。

グループ活動時には、最年長リーダーとしてWanna Oneを牽引してきたユン・ジソン。辛い時期を乗り越え多くのファンに支えられ、自身の力で成功の道を開いた彼だけに、これからの軍隊生活も心配なさそうだ。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事