今年を締めくくるNetflix新作『静かなる海』、コン・ユ&ペ・ドゥナの飽くなき挑戦心に期待大

2021年12月06日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

Netflixの新作『静かなる海』に出演する俳優コン・ユと女優ペ・ドゥナのキャラクタースチールが公開された。

【写真】「今すぐ抱きしめたい」コン・ユの“愛されビジュアル”

12月6日、Netflix側は新しいオリジナル『静かなる海』で、宇宙服を着用し、人類生存の手がかりを求めて月に向かったペ・ドゥナとコン・ユのキャラクタースチールを公開した。

Netflixシリーズ『キングダム』と映画『新感染ファイナル・エクスプレス』を通じて、K-ゾンビの熱風をリードしたペ・ドゥナとコン・ユが、生涯初のSFミステリースリラーに挑戦し、呼吸を合わせる。『静かなる海』は、資源の枯渇で荒廃した近未来の地球で特殊任務を受け、月に捨てられた研究基地に向かう精鋭隊員たちの話を込めたNetflixシリーズだ。

公開されたスチールは、著名な宇宙生物学者ソン・ジアン(演者ペ・ドゥナ)と宇宙航空局の最年少探査隊長ハン・ユンジェ(演者コン・ユ)が、各自の内心を隠したまま生存確率10%の任務を遂行する姿が込められた。

(写真提供=Netflix)

地球にいたときからお互いが気に入らなかった2人は、ようやく到着した基地でミッションをめぐるミステリーに直面し、より大きな葛藤を抱えることになる。人類生存の手がかりを見つけなければならないが、2人には必ず解決しなければならないそれぞれの秘密の任務がある。平行線のような2人が最終的に手を取り合うことになるのか、好奇心が刺激される。

「冒険が好きで、挑戦する価値のある作品が好きだ。宇宙を背景とする『静かなる海』に好奇心がわき、チャレンジ精神が刺激された」と出演理由を明らかにしたペ・ドゥナは、他の隊員たちが任務にまい進するのとは異なり、一人で基地をめぐる真実を探るソン・ジアンの前史と心理状態を綿密に研究し、キャラクターとひとつになった。

制作者として同作に加わった俳優チョン・ウソンは、「ペ・ドゥナは撮影現場を通してキャラクターの感情のなかにいる俳優」とし、配役に完全に溶け込んだ彼女に満足感を示した。

コン・ユは隊員の安全と任務の完成に最善を尽くすハン・ユンジェを演じた。元軍人出身で、冷静に育ってきた人物を表現しようと肌を黒くし、タトゥーをするなど外的な要素まで細心に設計した。

(写真提供=Netflix)

コン・ユは「待っていた作品だ。ジャンルものに対する熱望があったが、直感的にしなければならないという考えが一気に浮かんだシナリオだった」とし、『静かなる海』に合流することになった喜びを表現した。制作者チョン・ウソンも「コン・ユはキャラクターとして演技する瞬間だけでなく、撮影現場でもひとつのチームとして呼吸を作っていくことに大きな役割を果たした」とし、キャラクターだけでなく現場でも“隊長”の役割をしっかりと果たしたコン・ユに対する賞賛を惜しまなかった。

ベテラン俳優といえるペ・ドゥナとコン・ユにとっても『静かなる海』は大きな挑戦だった。宇宙を背景にした初のSFミステリースリラーシリーズという新しいジャンルに足を踏み入れた彼らは、制作陣と共に数多くの“初めて”を一緒に経験し、克服していった。俳優たちが最初にぶつかった挑戦は、衣装だった。生命維持装置を含むいくつかの装置が取り付けられた宇宙服の重量はかなりあり、動きに制約をもたらした。俳優たちは少しずつ衣装の重さに適応していき、撮影後半にはまるで体の一部のように動かせるようになったそうだ。

また、宇宙のシーンをよりリアルに表現するために、無重力と低重力のモーションを練習した。撮影前から訓練に突入した2人は、宇宙船での無重力と月上での低重力に差を与えるために、違う種類のワイヤーをつけ、振付師と一緒に宇宙で遊泳し、月を歩くような動きを作った。

「無重力状態の動きを表現しながら、同時に極限の状況を見せようと努力した。苦労もしたが、これまで私たちが一度も見せられなかった素敵な映像が誕生するのではないかと期待している」というコン・ユ。キャラクターの動きから心理まで最高のパフォーマンスのために努力した彼らに、チェ・ハンヨン監督は「初めから信頼をもって始め、撮影しながらさらに信頼が大きくなった」と明らかにし、期待を高めた。

『静かなる海』は来る12月24日、Netflixで公開される。

『トッケビ』コン・ユもびっくり!? キム・ゴウン、網タイツに濃厚メイクで“モード”な【写真】

「色気が凄い」コン・ユが“困り眉SHOT”でファン魅了【写真】

“食に無頓着”な女優ペ・ドゥナ、ピザ×6を目の前に爆食女王に【写真】

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集