まさに悪女…芸能人ではない“インフルエンサー”に泣かされる韓国芸能界

2019年05月08日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSを通じて世間に影響力は与えるインフルエンサーの存在感が、日増しに大きくなっている。彼らは芸能人ではないが、芸能人に劣らない注目を集め、存在感を示す。

そのため本人たちはSNSでのみ活動していても、その波及力はますます大きくなり、テレビ番組に出演したりもする。

一方で、他人に冷水を浴びせるインフルエンサーもいる。ファン・ハナとハン・ソヒだ。インフルエンサーとして知られる彼女たちは、似たような道を進んでいる。

ハン・ソヒは皮肉なことに、BIGBANGのT.O.Pと一緒に大麻を吸って執行猶予を宣告された後、インフルエンサーに生まれ変わった。ネットの生配信を通じて、さまざまな話を暴露してきた。

当時も「軽率だ」という声と「問題になることはない」といった反応に分かれたが、今も連日のように物議を醸している。BTSのVについて話したかと思えば、ユ・アインをターゲットに舌戦を繰り広げ、リュ・ジュンヨルの物真似をして叱責を受けた。

そんなハン・ソヒが再び議論の中心に立った。普段から交友関係にあるというガールズグループメンバーとの食事の写真を掲載してネットユーザーと対立し、JYJのキム・ジェジュンが自分のSNSを見たという証拠を提示して関心を集めた。

【関連】ハン・ソヒ、またもやお騒がせ。現役アイドルとのプライベートショットに非難殺到

とある芸能界関係者は「韓国芸能界ではハン・ソヒにかかわるだけでも炎上すると、注意している雰囲気だ。親交があるだけでも叱責を受けることがある」と話す。

そして「インフルエンサーの場合、検証されずに発生する問題もある。彼らが芸能人とつながりや親交を持つケースは少なくない。しかし、いつどのように問題が爆発するかわからないので、言及されることだけでも負担を感じているのが現状だ」と耳打ちした。

ファン・ハナ(左)とハン・ソヒ

麻薬使用疑惑を受ける南陽乳業創業者の孫娘ファン・ハナは、代表的な“問題インフルエンサー”に選ばれた。“パク・ユチョンの恋人”として知名度を上げた彼女は、決別後も元彼氏について言及するのはもちろん、最終的に一緒に麻薬を使用した容疑で拘束された。

セレブ以上の影響力が仇に

ファン・ハナはパク・ユチョンだけでなく、チェ・ジョンフンやイ・ジョンヒョンなど芸能界との人脈も自慢してきた。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事