“マーべルに愛された男”パク・ソジュン「少しでも新しいことにチャレンジしたい」【PHOTO】

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本でも人気を集めた韓国ドラマ『梨泰院クラス』や、『キム秘書はいったい、なぜ?』で主演を務めたパク・ソジュンの最新ビジュアルが公開された。

【写真】パク・ソジュンの“ウィンク&キス顔”

ファッションマガジン『marie claire』は11月16日、パク・ソジュンが表紙を務める12月号の特別カットを公開した。

特別カットでは、モダンなスタイリングに身を包んだパク・ソジュンの姿が写っている。ワイルドな眼差しでクラシックからカジュアルなものまで、さまざまな系統のコーディネートを見事に着こなしている。

撮影後で行われたインタビューで、パク・ソジュンは新作映画『ドリーム』(原題)、『コンクリートユートピア』(原題)などの作品を次回作に選んだ理由ついて「少しでも新しいことにチャレンジしたいと考える方だ。うまく表現できるキャラクターや作品を選ぶ傾向があるからだと思う。今の自分が上手く演じられる役なら全部やってみたい」と答えた。

続けて「自分の作品を見て、元気をもらったと聞くと胸がいっぱいになる。誰かに良い影響を与えられることに気づき、責任感もより強く感じるようになった。見守ってくださる方々のために私が進む道が正しいのか考えるし、より良い人になりたいと常に思っている」と付け加えている。

(写真=marie claire)

マーベル(MARVEL)スタジオの映画出演を確定し、去る9月3日にイギリスへと出国したが、韓国でのスケジュールを消化するため一時帰国したパク・ソジュン。マーベル映画の他にも新作映画『ドリーム』(原題)、『コンクリートユートピア』(原題)の2本の出演を知らせており、スクリーンでの輝かしい活躍を予告している。

◇パク・ソジュン プロフィール

1988年12月16日生まれ。韓国・ソウル出身。2011年にB.A.Pヨングクの『I Remember』ミュージックビデオで俳優デビュー。2012年のドラマ『ドリームハイ2』で本格的な演技活動をはじめ、2014年の『魔女の恋愛』で連ドラ初主演を務めた。主な出演作にドラマ『花郎<ファラン>』『サム、マイウェイ ~恋の一発逆転!~』『キム秘書はいったい、なぜ?』、映画『ミッドナイト・ランナー』『ディヴァイン・フューリー/使者』『パラサイト 半地下の家族』(カメオ出演)など。2020年からNetflixで配信がスタートした主演ドラマ『梨泰院クラス』は日本でも大きな反響を得た。

俳優パク・ソジュン、親友チェ・ウシクが撮った写真を公開!2人の“ラブラブぶり”にファンも反応【PHOTO】

「キス職人」パク・ソジュン、“歴代名キスシーン”はメイキングまで胸キュンだった!

BTSのV、パク・ソジュンらのサプライズ出演が話題に!Peakboyのミュージックビデオが解禁【PHOTO】

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集