俳優イ・ビョンホン、児童たちの住居保障キャンペーンに才能寄付で参加

このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優イ・ビョンホンが声の才能を寄付する“温かい分かち合い”を実践した。イ・ビョンホンが児童住居権の保障を促すキャンペーン映像に声優として参加したのだ。

所属事務所BHエンターテインメントは4月30日、「イ・ビョンホンが緑の傘子ども財団で施行する“家らしい家に”キャンペーン映像ナレーションに才能寄付の形式で参加した」と明らかにした。

映像の中でイ・ビョンホンは、安全と健康を脅かされる住居貧困児童94万人に向けて関連支援、法律改正と政策補完がなされなければならないと促した。

イ・ビョンホンは所属事務所を通じて、「韓国社会が最優先に考慮すべき児童らが劣悪な住居環境で苦しめられている現実が残念で、一日も早く安定的な支援体系が整ってほしいという気持ちで参加することになった」と感想を述べた。

一方、イ・ビョンホンは妻のイ・ミンジョンとともに江原道の山火事で住居が全焼したり、損失が深刻な児童家庭があるという知らせを聞いて、1億ウォン(約1000万円)を寄付している。

(関連記事:YOSHIKIが韓国の山火事被災地の子供たちに1億ウォン寄付。その理由とは?

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集