HIGHLIGHTのイ・ギグァン、“万能エンターテイナー”へと成長…バラエティ番組に引っ張りだこ

2021年10月13日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

K-POPボーイズグループHIGHLIGHTのメンバー、イ・ギグァンが“万能エンターテイナー”へと成長している。

【注目】「大学特別優遇疑惑」の韓国アイドルら7人、学位の取り消し

イ・ギグァンは2020年11月の除隊後、様々な方法でファンとコミュニケーションをとりながら、誰よりも充実した1年を送っている。

今年5月に久しぶりにHIGHLIGHTメンバー全員が揃った“完全体”で3枚目のミニアルバム『The Blowing』を発表しただけでなく、イ・ギグァンの魅力と能力を生かした多彩なソロ活動が楽しみを与えている。

過去1年間でイ・ギグァンは、“信じて見られるMC”というタイトルを手にした。除隊と同時に様々なバラエティ番組に出演し、変わらないトーク力とセンスを見せた彼は、『アイドルワンダーランド』『IDOLLIVE SCHOOL』などのアイドル専門バラエティで進行を務めた。多くの番組で、ファンの心をよく知っているコメントと後輩たちをリラックスに導く雰囲気作りで、見事なMCの手腕を発揮した。

(画像提供=Around Usエンターテインメント)イ・ギグァン

特にフェスティバル「KCON:TACT」の場合、シーズン3からシーズン4(KCON:TACT 4 U)、シーズン5(KCON:TACT HI 5)と3回連続で、MEET & GREETコーナーのMCを引き受け、K-POP歌手とグローバルファンの架け橋として活躍した。

最近では、ウェブバラエティ『ミュージクァン・カンパニー』や『ブラッドPT&GYMキャリー』といった新鮮なコンセプトのバラエティにも挑戦して魅力を発揮している。

活発な放送活動の活躍は、イ・ギグァンの本業にもつながった。イ・ギグァンは去る10月6日、直接振り付け創作に参加したダンスパフォーマンス映像を公開し、良い反応を得た。Young Thugの『Hop Off A Jet』とJoyner Lucasの『I Love』に合わせ、特有のすっきりとしたダンスと表情の演技で完璧なパフォーマンスを見せ、見る人々を魅了した。

ダンスパフォーマンスからバラエティ番組まで、イ・ギグァンはたしかな存在感で2021年を過ごしている。イ・ギグァンは万能エンターテイナーとして、さらに多くの番組やステージ、コンテンツでファンを楽しませる予定だ。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集