パク・ユチョン出国禁止、ファン・ハナの性動画不法撮影・脅迫・流布も捜査へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

南陽(ナミャン)乳業創業者の孫娘ファン・ハナの麻薬投薬容疑と、関連のある芸能人とされるパク・ユチョンが出国禁止になった。

4月12日に放送されたSBS『8時のニュース』では、ファン・ハナとともに麻薬を投薬したという容疑を受けているパク・ユチョンに対して、警察が出国禁止措置を下したと報じられた。

麻薬容疑で検察に送致されたファン・ハナは、自らに麻薬を強要した人物として昔の恋人であるパク・ユチョンを指名した。

(関連記事:警察、“麻薬容疑を全否定”したユチョンに対してファン・ハナは「今年の初めにも一緒にやった」と供述?

警察はファン・ハナとパク・ユチョンが一緒に麻薬を投薬したかを確認するため、通話記録を分析しており、万一の事態に備えてパク・ユチョンに出国禁止措置を取った。

パク・ユチョン

京畿(キョンギ)南部地方警察庁のサイバー捜査隊は、ファン・ハナが性関係の映像を不法撮影、脅迫したという疑惑についても捜査中だと明らかにした。

一方、警察は来週初め、パク・ユチョンを呼んで調査する予定だ。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事