スリーサイズや韓国移住のワケも公開?マルチに活躍する佐藤かよが公式YouTubeを開設!

2021年06月27日 話題 #日本出身芸能人
このエントリーをはてなブックマークに追加

佐藤かよは2008年に出身地である名古屋のファッション雑誌にてモデルデビュー。2010年にはTV番組『魔女たちの22時』にて“戸籍上男性”であることを告白し反響を呼び、以降はモデル以外にもバラエティ番組・映画・舞台への出演など多方面で活躍してきた。

そんな彼女が開設する公式YouTubeチャンネル「kayo kayo」は、「自分の好きなものを集めて、同じ好きを持った人が集まれるチャンネルにしたい」という佐藤自身の想いから開設に至ったという。

6月25日に配信される初回動画では、チャンネル開設に至った経緯や、今後配信していきたいコンテンツのほか、自身のWikipediaを見ながらの自己紹介を行う。

(写真提供=サイバーエージェント)

スリーサイズや移住のワケも

地上波デビュー以降あまり見ていないという自身のWikipediaを見ながら、自身の肩書きについてや韓国移住のきっかけなどを披露。またスリーサイズを読み上げる際には、「スリーサイズもちょっとね、いろいろ変わったんですけど…また今度(動画で)話しますね」と含みのある笑みを浮かべ、さらには「男性として出生する」というワードを拾い、「私生まれた時は男の子だったんですよ」とコメント。

【注目】 菅田将暉と小松菜奈の熱愛説に韓国も注目せざるを得ない理由

そして「戸籍を変えてないのにも理由があるので、どんどん動画でお話してきたいと思います」と話すなど、今後配信予定のテーマについても触れている。

(写真提供=サイバーエージェント)

「好きなものだけを集めたい」と話す佐藤のYouTubeチャンネルではほかにも、コスメ・ゲーム・韓国の食べ物など、佐藤の“好き”を凝縮した様々なコンテンツを配信予定だ。

以下、本人コメント。

はじめまして、佐藤かよです。

この度、YouTubeのチャンネル開設をすることになりました!

メイクやゲームなど私のすきなことをたくさん集めて同じ好きって思う方たちとコミュニケーションをとったり集まったりできる場所を作りたいなぁと思ってチャンネルを開設することにしました。

私も普段からよく日本だけに限らず色んなチャンネルをチェックするのが好きなのですが、チャンネルをやられている皆さん個性の色が本当に様々で素晴らしく、特に世界観を持ってやられているチャンネルが好きなので、私もそんな風に私らしい個性を出せるチャンネルにしていけるように頑張りたいです。

マイペースなチャンネルを目指して頑張りますので是非チャンネルに遊びに来てくれたら嬉しいです!!

 

◇佐藤 かよ(さとう かよ) プロフィール

1988年12月26日 愛知県生まれ 趣味:買い物、ゲーム

18歳のときに出身地・名古屋のファッション誌にてモデル活動を開始。上京後はメディアを問わず多方面で活躍し人気を博す。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集