『愛の不時着』ミュージカルが2022年上演に向けて準備着々。新技術を駆使して“感動倍増”

2021年06月15日 話題 #愛の不時着
このエントリーをはてなブックマークに追加

ミュージカル『愛の不時着』が、Netflix映画『スペース・スウィーパーズ』を手がけたWYSIWYG Studiosの参加で完成度を高める。

【写真】ソン・イェジンが“母性”あふれるツーショット公開「お父さんは?」

6月14日、株式会社Pop musicとT2Nメディアによると、WYSIWYG Studiosがミュージカル『愛の不時着』の共同制作パートナーとして参加し、新しい技術を駆使したステージ及びLED演出を披露する予定だ。

WYSIWYG Studiosは、CG・VFX技術を基盤とする総合コンテンツ制作ソリューション企業で、韓国初のディズニー公式協力会社だ。

WYSIWYG StudiosのCG・VFX技術はもちろん、バーチャルプロダクションインフラ、AR、VR、XRなどの実感型コンテンツの制作技術が、ミュージカル『愛の不時着』に活用される予定だ。

現在、ミュージカル『愛の不時着』は主要スタッフの構成を終え、キャスティング作業に拍車をかけている。2022年半ばにはソウルを皮切りにファンに会う予定だ。

Pop musicとT2Nメディアは、「WYSIWYG Studiosがミュージカル『愛の不時着』の制作に参加することで、今から期待感が高まっている。従来のミュージカルでは見られなかった派手な技術で観客の没入感と作品の感動をさらに高めるように最善を尽くす」と伝えた。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集