強制わいせつで実刑判決を受けた韓国アイドルが謝罪「さようなら、これまでありがとう」【全文】

2021年06月14日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

強制わいせつ容疑の1審宣告で有罪判決を受けたB.A.P出身のヒムチャンが謝罪した。

【注目】ヒムチャン、新曲カムバックの翌日に飲酒運転で摘発

ヒムチャンは6月13日、インスタグラムを通じて「言葉を一歩遅れて述べることになって、申し訳ない。遅れながら、申し訳ないという言葉を伝えたくて、文章を書いた」とし、「私が今までしたすべての行動に対して、信じてくれ、待っていてくれた方々に、まずこのようなかたちであれ、謝罪の言葉を伝えたい」と、謝罪文を掲載した。

続いて「遅れて言葉を述べたのは様々な理由があるが、降り注ぐ記事と真実とでは、違う話があるため、言葉を惜しむようになった」とし、「自分の不覚と間違いについてすべてを知っており、すべての部分が申し訳なく、謝罪する」と頭を下げた。

最後に「今まで信じてくれた方々に対する報いを、このようなことでしかできない私を許してください。これまでありがとうございました」と付け加えた。

強制わいせつと飲酒運転

ヒムチャン

ヒムチャンは2018年7月、京畿道・南楊州(ナミャンジュ)市のペンションで知人2人、女性3人と一緒にお酒を飲んでいたが、強制わいせつされたと20代女性Aさんに通報された。通報を受けて警察が現場に出動した。

ヒムチャンは同年8月に調査を受けたが、「互いに好感があった」と容疑を否認。しかし2020年4月、ソウル中央地検はヒムチャンを強制わいせつの容疑で在宅起訴した。

ソウル中央地方裁判所・刑事14単独は、ヒムチャンの1審宣告で「ヒムチャンの強制わいせつ容疑が認められる」とし、懲役10カ月、性暴行治療プログラム40時間履修命令などの宣告を下した。

なおヒムチャンは、強制わいせつ容疑の裁判が進行中だった2020年10月25日に新曲を発表したが、その翌日の10月26日、ソウル江南(カンナム)で飲酒運転をして事故を起こして書類送検された。

ヒムチャンのSNS投稿全文は、以下の通り。

こんにちは、キム・ヒムチャンです。まず言葉を一歩遅れて述べることになって、申し訳ありません。遅れながら、申し訳ないという言葉を伝えたくて、文章を書きました。

私が今までしたすべての行動に対して、信じてくれ、待っていてくれた方々に、まずこのようなかたちであれ、謝罪の言葉を伝えたいと思います。

遅れて言葉を述べたのは、様々な理由がありますが、降り注ぐ記事と真実とでは、違う話があるため、言葉を惜しむようになりました。様々な事件に対して心配をかけた点、申し訳ありません。また、自分の不覚と間違いについてすべてを知っており、すべての部分が申し訳なく、謝罪いたします。

すべての方が幸せだったらと思います。今まで信じてくれた方々に対する報いを、このようなことでしかできない私を許してください。

申し訳なく、申し訳ありません。

すべての方が事故なく、問題なく、幸せになることを願います。

さようなら。これまでありがとうございました。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集