ENHYPENが“たった7カ月”でアルバム売上100万枚突破、“怪物新人”ぶりをいかんなく発揮

2021年06月10日 K-POP #ENHYPEN
このエントリーをはてなブックマークに追加

ENHYPENがデビュー7カ月でアルバム100万枚達成、“怪物新人”ぶりをいかんなく発揮ENHYPENがデビュー後にリリースした2枚のアルバムで、累計販売枚数100万枚を達成した。

【写真】NHYPENの初冠バラエティが始動!

6月10日、韓国のガオンチャートの発表によると、ENHYPENが2020年11月に発表した1stミニアルバム『BORDER:DAY ONE』を計46万4232枚、そして去る2021年4月に発表した2ndミニアルバム『BORDER:CARNIVAL』を計62万2621枚売り上げ、合計約109万枚の累計売り上げを記録した(5月31日基準)。

ENHYPENはデビューから約7ヵ月という短い期間で、アルバム販売枚数100万枚という驚くべき記録を成し遂げている。

『BORDER:DAY ONE』は同チャートにおいて、発売日たった1日で計31万8528枚を売ったとされ、2020年にデビューしたグループのアルバム(単一アルバム)としては最高記録を打ち立てた。そして『BORDER:CARNIVAL』は米ビルボードのメインアルバムチャート「ビルボード200」で18位にランクインし、2021年リリースのK-POPアーティストアルバムの中で最高成績を記録した。

(写真提供=BELIFT LAB)ENHYPEN

また日本での活躍も目覚ましく、オリコンでは2週連続チャートインしたのに続き、2週連続ウィークリーアルバムチャートで1位を記録している。

“怪物新人”ぶりを惜しげもなく見せつけているENHYPENは来る7月月6日、日本デビューシングル『BORDER : 儚い』をリリースし、同月13日開催のオンラインショーケースで日本での活動を本格的に開始する。
 

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集