女優ハン・イェスル、医療事故被害に言及「昨年はたくさん苦しんだ」。主演ドラマの制作発表会で

2019年03月07日 話題 #韓国ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

女優ハン・イェスルが、昨年経験した医療事故について言及した。

3月6日午後、SBSソウル木洞(モクトン)放送センターでドラマ『ビッグイシュー』(原題)の制作発表会が行われた。これにはチュ・ジンモ、ハン・イェスル、キム・ヒウォン、シン・ソユルといった出演者たちが出席し、会場を華やかに彩った。

この日、現在のコンディションについて質問されたハン・イェスルは、昨年受けた脂肪種除去手術の際に発生した医療事故を取り上げた。

ハン・イェスルは「昨年はたくさん苦しんだけど、ドラマ撮影の過程でだいぶ回復した。(みんなが)力になってくれて、感謝している」と伝え、さらに「ドラマの視聴率が良かったらもっと健康になる」と付け加えて笑いを誘った。

(写真=YouTube)ハン・イェスル

『ビッグイシュー』は、チュ・ジンモとハン・イェスルが主演を務める新ドラマ。

一枚の写真によって奈落の底に落とされた元カメラマンと、彼をパパラッチに引き入れようとする悪名高い編集長の奮闘を描く第1話は、3月6日午後10時、韓国SBSで放送される。

(関連記事:歌手RAIN&女優キム・テヒ夫婦が第二子妊娠を報告。出産予定は9月

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集