『ホテルデルーナ』の脚本家と『キム秘書』監督が意気投合!新作ドラマ『還魂』の主演にイ・ジェウク

2021年04月21日 テレビ #韓流ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優イ・ジェウクとパク・ヘウンが、tvN新作ドラマ『還魂』(原題)の主役に抜てきされた。

【写真】『ホテルデルーナ』で共演したIU×ヨ・ジング、“まるで新婚夫婦”

『還魂』は、ドラマ『主君の太陽』『ホテルデルーナ~月明かりの恋人~』などの脚本家で知られるホン姉妹(ホン・ジョンウン、ホン・ミラン)が2年ぶりに披露する新作。天璣を司る若い術師たちの愛と成長を描くファンタジー作品で、『キム秘書はいったい、なぜ?』のパク・ジュンファ監督が演出を手がける。

主人公役に抜てきされたイ・ジェウクは、ドラマ『アルハンブラ宮殿の思い出』(tvN)で俳優デビューし、2020年放送の『ドドソソララソ』(KBS2)で連ドラ初主演。いま最も注目されている若手俳優のひとりだ。

(写真=KBS2ドラマ『ドドソソララソ』公式HP)イ・ジェウク

オーディションを通じてヒロイン役を勝ち取ったパク・ヘウンは、昨年、Netflixオリジナルシリーズ『保健教師アン・ウニョン』でデビューしたばかりの新人女優だ。個性的なビジュアルと優れた演技力を兼ね備えており、デビュー早々に注目を集めている。

(写真提供=H&エンターテインメント)パク・ヘウン

また、俳優業にも乗り出したNU’ESTのミンヒョンと、OH MY GIRLのアリンも出演を前向きに検討中とのことだ。

新感覚の“ホラーロマンス”に定評があるホン姉妹の新作に加え、若手俳優たちのラインナップで期待が集まる『還魂』は、韓国tvNで年内に放送される予定。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集