JYJ出身パク・ユチョン、主演映画『悪に捧げ』スチール公開「新しい姿にご期待を」【PHOTO】

このエントリーをはてなブックマークに追加

JYJ出身のパク・ユチョンが最近、自身のインスタグラムで出演映画『悪に捧げ』(原題)を宣伝した。

【写真】ユチョン、世間に向けた突然のエールが話題

「テホンに変身した新しい姿、ご期待ください」という文章を添えて投稿されたのは、映画のスチール写真。スーツ姿で病院の前に立っていたり、白衣を着て悲壮感を漂わせたりするパク・ユチョンの姿が目を引く。

パク・ユチョンが映画に主演するのは、2014年に公開された『海にかかる霧』以来7年ぶり。2017年の映画『ルシッドドリーム』では出番の少ない助演だった。

2019年4月に元恋人ファン・ハナと麻薬を使用した容疑で懲役10カ月、執行猶予2年の判決を受け、芸能界を引退すると発言したパク・ユチョンだが、発言を撤回したあと芸能活動を続けている。

『悪に捧げ』を通じてスクリーン復帰するだけに、愛情を持って宣伝活動に臨んでいる様子だ。

(写真=パク・ユチョンInstagram)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集