学生時代の“校内暴力”を認めた俳優ジス、今年10月から兵役へ!?

2021年03月06日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

学生時代の校内暴力で謝罪した俳優ジスが、今年10月中旬から兵役を務めるという。

【関連】俳優ジスが降板する『月が浮かぶ川』、代案は俳優ナ・インウ?

関係者によると、ジスは昨年12月に入営通知書を受けたそうで、最近の炎上による“逃避”ではないとのことだ。

ただ、ジスは2016年に急性骨髄炎で手術を受けており、現役入隊ではなく社会服務要員として代替服務を判定された。

現在放送中のKBS2ドラマ『月が浮かぶ川』(原題)に主演しているジスは、3月2日にとあるネットコミュニティで校内暴力の加害者だったと暴露され、直筆の謝罪文を投稿した。

謝罪文の中では「私によって苦しめられた方々に心よりお詫び申し上げる。過去に犯した非行に対し、何の弁解の余地もない」「一生拭えない自分の過去を反省する」などと反省を示したが、その後に性的暴行疑惑も浮上し、世間に衝撃を与えている。

一方、『月が浮かぶ川』側はジスの途中降板を決定。撮影が95%進んでいる状況にもかかわらず、代役を立てて再撮影すると発表した。

ジス

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集