韓国スターバックスに“苦言”を呈した藤田小百合が急転して謝罪「私の考えが浅はかでした…」

2021年02月25日 話題 #日本出身芸能人
このエントリーをはてなブックマークに追加

“未婚の母”の日本人タレント藤田小百合が、火災の被害でスターバックスを訪れたが、身分証明書を持参していなかったため、入店拒否をされたことを明らかにし、議論を巻き起こしたが、一転して謝罪の意を伝えた。

【関連】日本出身タレント藤田小百合が「自主的シングルマザー」になったワケ

藤田小百合は2月25日、自身のSNSを通じて「私の感情的な書き込みのせいで、不快さを感じていたスターバックスの従業員たちに心からお詫びする」とし、「ただ私自身の立場だけを考えて、従業員の方々に迷惑をかけるかもしれないということを何も考慮せず、無礼な行動をしたことについて改めてお詫びする」と明らかにした。

先立って2月24日午前、藤田小百合はSNSを通じてアパートの1階で火災が発生し、生後3カ月の赤ちゃんと一緒に避難したというコメントを投稿。急いで脱出したため身分証明書や携帯電話を忘れ、自宅前のコーヒーショップに入れなかったことを残念がっていた。

(写真=藤田小百合SNS)

藤田小百合は「新型コロナ渦で全世界が厳しい時期を過ごしており、絶対に守らなければならない規則があったが、昨日は私があまりにも切羽詰まっていたため大きなミスをした」とし、「新型コロナの影響で小さな赤ちゃんを連れて病院に行くのが怖くて、避難所でもないスターバックスにしばらく留まろうとしたのは、今考えても私の考えが浅はかでした。本日スターバックスでスタッフの方々にお詫びをし、話をしてきた」と過ちを認めた。

最後に「多くの方が未熟な私を叱ってくれて本当に感謝しており、より良い姿をお見せできるよう努力していきたい」と締めくくった。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集