カムバを控えた歌手チョンハ、東方神起チャンミンやBTSのJ-HOPEなども所属する高額寄付者のメンバーに

2021年02月08日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

歌手チョンハが善行を続けた結果、高額寄付者の会に名を連ねた。

【注目】チョンハ、新曲MVのティーザー映像公開

チョロクウサン(緑の傘)児童財団側は2月8日、「チョンハがグリーンノーブルクラブの250番目の後援者になった」と伝えている。

「グリーンノーブルクラブ」はチョロクウサン(緑の傘)児童財団の1億ウォン(約1000万円)以上の高額寄付者の集まりで歌手チョンハは2021年第1号の後援者として記録された。グリーンノーブルクラブは東方神起のチャンミン、BTSのJ-HOPE、女優キム・ユジョンらが加入しており、善良な影響力を及ぼしている。

チョンハは2019年の児童たちへの治療費5000万ウォン(約500万円)の寄付を皮切りに、2020年にも新型コロナで生活が苦しい低所得世帯の児童たちへの治療費など、恵まれない人々のために寄付を続け、これまでに累計1億2000万ウォン(約1200万円)を寄付してきた。

チョンハ

この他にもチョロクウサン(緑の傘)児童財団の各種キャンペーン活動にも積極的に参加してきた。

チョロクウサン(緑の傘)児童財団のイ・ジェフン会長は「歌手チョンハのグリーンノーブルクラブへの加入を心から歓迎する。新型コロナで皆が困難な状況の中、保護されるべき子供たちのために愛を分けてくださる後援者の皆様に深く感謝する」と述べている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集