カン・ダニエルの“秘めた内面”を綴った新曲『PARANOIA』、トレーラー公開で視線集中

2021年02月05日 K-POP #Wanna One
このエントリーをはてなブックマークに追加

カムバックを控えたカン・ダニエルのベールが1枚ずつ剥がれていく。

コネクトエンターテインメントは2月5日0時、カン・ダニエルのカムバックトレーラーを公開し、再び音楽ファンの視線を集めている。

【関連】TWICEジヒョとカン・ダニエルの2人に交際期間「2~3カ月説」もあるワケ

初のティーザー映像では2月16日のカムバックを知らせたが、今回の映像では新曲『PARANOIA』というタイトルが公開された。

“PARANOIA”は偏執症、被害妄想を意味する言葉だ。今回の楽曲もカン・ダニエル自身が作詞に参加しており、これまで秘めてきた内面を楽曲に溶け込ませたという。また、企画段階から制作を主導し、ソロミュージシャンとしてのステップアップを意味する楽曲でもある。

今作は2020年にリリースしたミニアルバム『CYAN』『MAGENTA』とは全く異なるカラーのデジタルシングルだ。「COLOR」シリーズ最後のアルバムを控えて披露される予告編だ。

1本目のティーザー映像の雰囲気を引き継ぐカムバックトレーラーは、『PARANOIA』に込められたヒントをより多く含んでいる。

(写真提供=コネクトエンターテインメント)

赤と黒が交差する幻想的な映像は、見る者に強烈なインパクトを残す。それと相反するカン・ダニエルの蠱惑的な姿、目つきは圧巻の一言だ。これまで見たことのないカン・ダニエルの姿は、180度異なる変身を予告している。

ベールを1枚ずつ剥がれるたびに期待感を高めているカン・ダニエルのデジタルシングル『PARANOIA』は、2月16日18時にリリースされる。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集