SEVENTEENのワールドワイドな人気が止まらない!米「GRAMMY Museum」がインタビュー映像を公開

2021年01月20日 K-POP #SEVENTEEN
このエントリーをはてなブックマークに追加

ボーイズグループSEVENTEENのグローバルな歩みが大きな関心を集めている。

【注目】2021年、K-POP界の年男・年女は?

アメリカの「GRAMMY Museum」は1月19日(現地時間)、YouTubeチャンネルを通じてSEVENTEENが参加した「ミニマスタークラス」のインタビュー映像を公開。音楽をテーマにした率直な話と心からのアドバイスは大きな共感を呼び、熱い反応を得ている。

「ミニマスタークラス」は、ミュージシャンを夢見る人々を対象にアーティストをはじめとする音楽産業の従事者が音楽に関するさまざまなストーリーを伝えるインタビューシリーズ。最近アメリカの人気番組『The Late Late Show with James Corden』『The Kelly Clarkson Show』に出演し、世界的なブームを巻き起こしたSEVENTEENがアメリカの人気番組に次々と招待され、注目を集めている。

まず、「成功するためにはどんな素質や特性、技術が必要か」という質問に対し、HOSHIは「未熟な部分は努力し補い続け、花開くのが遅くても耐えて耐え続けなければならない」と力を込めた。「情熱と愛、表現」と答えたDINOは「自分をたくさん表現し、多くの方々、または自分自身をもっと愛することが大切」と付け加えている。

現在音楽活動をしていて最も良い点についてDKとJUNは「多くの方々に良い影響を与えることができるのは本当にありがたいこと。だから、歌うたびにより良いステージを見せたいと感じる」と責任感を示した。MINGYUは「僕の行動が誰かに良い影響を及ぼすなら、嬉しいし意味がある」と深い回答をしている。

(写真提供=GRAMMY Museum Experience)

SEVENTEENはミュージシャンの卵のために率直なアドバイスも伝えた。JEONGHANは「何かを頑張れば、その分野で才能を発見できるのではないかと思う」と根気と情熱を強調し、SEUNGKWANは「自分自身を信じることが重要。“自分はできる”という前向きなマインドを身に着けたり、自分を試みる時間も持つことが大切」とアドバイスした。

このようにSEVENTEENは音楽に対する慎重な心構えが伺えるインタビューを通じて多くの人々に感動を与えた。アメリカのテレビ番組やインタビューなど、さまざまなグローバル活動を続けるSEVENTEENの今後に世界の注目が集まっている。

一方、SEVENTEENは1月23日18時からオンラインコンサート「2021 SEVENTEEN ONLINE CONCERT -IN-COMPLETE-」を開催する。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集