新時代劇『月が浮かぶ川』主人公役キム・ソヒョンのスチール解禁!見たことのない姿に“ワクワク”【PHOTO】

このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい時代劇『月が浮かぶ川』(原題)に主演する女優キム・ソヒョンのスチール写真が初公開された。

【関連】キム・ソヒョン、『愛の不時着』制作会社の子会社に移籍

初回放送を2月15日控えた『月が浮かぶ川』は、高句麗(こうくり)が人生のすべてだった姫・ピョンガン(平岡)と、愛を歴史に刻んだ将軍・オンダル(温達)の純愛を描くフュージョン時代劇だ。

同作に対する世間からの熱い関心の中心には、時代劇と相性の良いキム・ソヒョンがいる。

子役時代から着実にキャリアを積み、“ハズレがない女優”として地位を固めた彼女は、劇中で姫の平岡であり、殺し屋ヨム・ガジンを演じる。高句麗を正すために人生を捧げた彼女のストーリーが、熱い響きを与える見込みだ。

1月18日に公開されたスチール写真には、鎧をまとったキム・ソヒョンの様子が写る。馬に乗って走っていく姿から、広々とした満州の原野を手に握っていた姫らしい気迫がうかがえる。

血が飛び散った顔で戦場を守る姿も圧倒的な存在感を放ち、本番で繰り広げられるアクションシーンにも期待感を高めた。

『月が浮かぶ川』の制作陣は「キム・ソヒョンは並々ならぬ情熱と準備でピョンガン役に没入している。難しいアクションシーンがあるにもかかわらず、大変な素振りを見せずに撮影に臨み、現場のスタッフたちを感嘆させた」とし、「台本とシンクロ率100%で平岡を演じているキム・ソヒョンのエネルギッシュな演技にご期待願いたい」と伝えた。

『月が浮かぶ川』は、韓国KBS2にて2月15日21時30分に初回放送予定。

(写真=Victory contents)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集