“交際中” ヒョンビン&ソン・イェジン、2人が過去に語った「理想のタイプ」は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラマ『愛の不時着』で共演した俳優ヒョンビンとソン・イェジンが交際を認めたなか、過去にふたりが明かした「理想のタイプ」が再び注目を集めている。

【関連】ヒョンビン&ソン・イェジン、“新年第一号”の芸能人カップルに

ヒョンビンは入隊直前に行ったインタビューで、「芸能界の仕事は不規則なので、この仕事を好きな方は多くても、上手く理解してもらえないようだ。理解してくれる人がいい」と述べており、「外見よりは心が優しい女性が好きだ」と明かした。

ソン・イェジンも、某ラジオ番組で理想のタイプを聞かれ、次のように語っている。

「身長は175センチ以上がいい。でも、すごく良い人ならそれより小さくても構わない。見た目はほとんど見ない。私は一目惚れしないタイプ。性格が魅力的な人が好きだ」

2021年元旦、韓国メディア『dispatch』(ディスパッチ)は、ヒョンビンとソン・イェジンが8カ月間交際を続けていると報道。

両者の所属事務所はその事実を認め、「ふたりの交際を温かい目で見守っていただき、応援して下さるようお願い申し上げます」と伝えた。

ソン・イェジンが公開恋愛に踏み切ったのは今回が初めて。『愛の不時着』でのお似合いぶりで厚い支持を得ているふたりだけに、ファンからは応援の声が続々と寄せられている。

(写真=tvNドラマ『愛の不時着』公式HP)左からソン・イェジン、ヒョンビン

◇ヒョンビン プロフィール

1982年9月25日生まれ。本名キム・テピョン。身長185センチ。2003年にドラマ『ボディガード』でデビューし、端役にも関わらず優れたビジュアルが視聴者の間で話題に上った。2005年には、韓国ラブコメドラマの決定版として社会現象を巻き起こした『私の名前はキム・サムスン』で大ブレイク。その後もドラマ『シークレット・ガーデン』『ジキルとハイドに恋した私』『アルハンブラ宮殿の思い出』、映画『コンフィデンシャル/共助』『ザ・ネゴシエーション』など、ジャンルを問わない多彩な作品で説得力のある演技を披露した。2019年に韓国で放送された主演ドラマ『愛の不時着』がNetflixで配信されると、日本をはじめとした世界各国で大ブームに。韓国に留まらない人気を誇るトップスターとして、大きな存在感を放っている。

◇ソン・イェジン プロフィール

1982年1月11日生まれ。化粧品のCMモデルとして1999年にデビュー。2001年のドラマ『おいしいプロポーズ』の主演に抜擢され、以降はドラマ『夏の香り』、映画『ラブストーリー』など数多くの作品に出演。日本では、映画『私の頭の中の消しゴム』で知名度を上げた。2020年にヒョンビンと共演したドラマ『愛の不時着』で好演を見せた。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集