『イ・サン』女優ハン・ジミン、「自分よりも可愛い」という実姉を公開して話題に

2020年12月21日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

『イ・サン』で知られる女優ハン・ジミンが美貌の実姉を公開した。

【写真】ハン・ジミン、「艶っぽさ際立つ」クリスマス広告

12月20日に韓国で放送されたMBNのバラエティ番組『もっと食べて行きな』(原題)には、ハン・ジミンがゲストとして出演した。

「家族の外見が大きな話題になった」というMCカン・ホドンの言葉に、ハン・ジミンは「あるとき、ネット上では家族の中で私が一番かわいくないという言葉も出た」と、姉に関する話を始めた。

ハン・ジミンは「姉は近所で評判が高かった。私は“誰々の妹”、“不愛想な妹”と呼ばれた。姉のボーイフレンドから家に電話が来ると、“夜に電話しないで”と言って切った」と説明した。

続いて「姉が外向的で、私は静かなほうだったから、周囲は“姉が芸能人をすればいい”と言った。友人も姉のほうが多かったが、姉はカメラが嫌いで、私はカメラを楽に感じるほうだった。姉も写真を撮られる仕事などをしたが、数回でやめてしまった。私が(芸能人を)することになった」と語った。

(画像=MBN)

また、自分の性格が保守的なので芸能人の知人が多くなかったが、変化を迎えたという話もした。

ハン・ジミンは「働きながら出会った人々とも上手くいかなかったし、作品をともにするときは親しくても、プライベートな場所では会ったりもしなかった。ところが、映画『密偵』(2016年)を通じて仲間意識を感じ、一緒に話をするのが楽しくなった。今は俳優の友人も多い」と明るく笑った。

ハン・ジミンは12月10日に映画『ジョゼ』が公開されたばかり。映画『ジョゼと虎と魚たち』の韓国リメイク版で、主人公ジョゼ役を熱演した。

◇ハン・ジミン プロフィール

1982年11月5日生まれ。韓国・ソウル出身。 BHエンターテインメント所属。2003年、ドラマ『オールイン 運命の愛』のソン・ヘギョの子役として女優デビューを果たす。2007年の主演ドラマ『イ・サン』で知名度を上げ、『パダムパダム』『屋根部屋のプリンス』など数多くの人気ドラマに出演した。最近の主演作にドラマ『ある春の夜に』『まぶしくて ―私たちの輝く時間―』、映画『虐待の証明/ミス・ペク』(2020年日本公開)、『ジョゼ』(原題)など。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集