K-POPアーティストが集結する豪華ステージ「ソウル・ミュージックアワード」

このエントリーをはてなブックマークに追加
韓国には数多くの音楽祭や音楽賞があるが、その中でも広く知られているのが「ソウル・ミュージックアワード(SEOUL MUSIC AWARD)」だろう。

設立は1990年。「大衆から最も愛され好まれた歌手や楽曲を称える賞」として、多くのアーティストやヒット曲がソウル歌謡大賞を輝かせてきた。

賞を授与するだけではなく、その年の流行曲や人気を博したアーティストたちによる“ライブ・パフォーマンス”も披露されることから「韓国のグラミー賞」とも呼ばれる。

日本でいえば、日本レコード大賞と紅白歌合戦が合わさったような華やかでゴージャスな“音楽の祭典”だといえるだろう。

人気のK-POPアイドルが集結!!

特にK-POPで盛り上がる近年は、豪華でエキサイティングな授賞式であり、ステージとなっている。
東方神起(2006年)、BIGBANG(2007年)、ワンダーガールズ(2008年)、少女時代(2009~2010年)、SUPER JUNIOR(2011年)、PSY(2012年)、EXO(2013~2016年)と、近年の授賞式で大賞に輝いてきたアーティストの顔ぶれを見てもわかるだろう。

2018年1月25日に行われた第27回大会では、GOT7、NCT127、Wanna One、BLACK PINK、Red Velbet、MAMAMOOなどが各部門賞に輝くとともにパフォーマンスを披露。

栄えある大賞にはBTS(防弾少年団)が輝き、幕を閉じた。まさに今をときめく豪華K-POPアーティストが競演する“夢のステージ”といえるだろう。
大賞を受賞したBTS(防弾少年団)

世界148万人が視聴するK-POPの祭典

そして、そんなビッグイベントだけにメディアはもちろん、世界中の音楽ファンから熱い視線を浴びている。

例えばテレビ中継だ。韓国では国営放送のKBS(韓国放送公社)関連のKBS drama、KBS W、KBS JOYで生中継されており、海外でも放映されている。

デジタル・コンテンツプラットホームを通じてオンライン生中継もなされており、2017年1月に行われた第26回大会では、リアルタイム・アクセス数が27万人以上、累計アクセス数は148万人を記録した。

また「大衆に愛される歌手や楽曲を決める」ために、モバイル端末を活用したオンライン事前投票も実施しており、約50日間の投票期間内で4000万件の投票が集まっている。そのうち、約1500万件が韓国ではない国々からの投票だったというのだから、ソウル歌謡大賞の知名度と寄せられる関心が、ワールドワイドであることがよくわかる。

まさに韓国最高にして国際的なソウル・ミュージックアワード。

2019年早春には第28回大会が開催される予定で、K-POPファンの間では早くも大賞候補たちが噂されているが、次の栄冠に輝くのは誰だろうか。注目したい。
 

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事