「ウォンビンさんから連絡が来て…」『アジョシ』から10年、監督が語ったエピソードが話題に

2020年08月05日 映画 #あの人はいま
このエントリーをはてなブックマークに追加

『アジョシ』を手掛けたイ・ジョンボム監督が、主演俳優ウォンビンとの初めての出会いを振り返った。

【写真】ウォンビンの近況が話題「まったく老けていない!」

去る2日に韓国で放送されたバラエティ番組『部屋の隅の1列』(原題、JTBC)では、公開から10周年を迎えた『アジョシ』の特集が組まれた。

この日、スタジオにはイ・ジョンボム監督と俳優キム・ヒウォンが登場。『アジョシ』の名シーンにまつわるエピソードを語った。

イ・ジョンボム監督は「ウォンビンさんからある日連絡が来て、“シナリオを見せてもらった、会いたい”と言われた。あっけにとられた」と、同作で主演を務めたウォンビンについて語った。

さらに、「もともと50代のおじさんを主人公に設定していた。ウォンビンさんがやるとなると、頭の中で描くことができなかった。しかし、“ウォンビンさんの顔を一度見てみよう”という気持ちで会うと、その場で一目ぼれした」と運命的な出会いを振り返っている。

(『部屋の隅の1列』の放送画面キャプチャ)

シナリオ分析の際も、2人は意義深い時間を過ごしたという。

「ウォンビンさんがシナリオを分析してきてから、2時間ほど話をした。(ウォンビンは、)“おじさんが少女を救うという内容だが、少女を通じておじさんも救われているようだ”と語っていた。その後すぐにウォンビンさんに決定して、シナリオも大幅に変えた。アクションシーンも、ウォンビンさんの年齢に見合ったダイナミックなものにした」

また、当時話題を集めたウォンビンの剃髪シーンについてはこう話している。

「もともとシナリオにあったけど、あれほどまで話題になるシーンになるとは思わなかった。もちろん、撮影の時点である程度予感はしていた」

現在はCM出演をメインに相変わらずの端正な顔立ちと、並みならぬカリスマ性を発揮しているウォンビン。“俳優”ウォンビンの帰還は未定だが、往年のヒット作にまつわるエピソードは多くのファンを喜ばせたに違いない。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集