有名音楽プロデューサーが性的暴行容疑で拘束。DNAの証拠で自白か

2020年06月10日 話題 #スキャンダル
このエントリーをはてなブックマークに追加

有名作曲家兼プロデューサーが性的暴行の疑いで拘束起訴された。

6月9日、TV朝鮮が「有名作曲家兼プロデューサーのA氏が知人の妹に性的暴行を加えた容疑で拘束起訴された」と報じた。

【全文】美人モデルが所属事務所の社長から「暴行を受けた」と主張…証拠写真も

検察によると、A氏は今年4月初旬、知人の家を訪問し、女性の知人B氏とその妹C氏とともに未明まで酒を飲み、A氏はB氏とC氏が各自の部屋で寝ていたため、C氏の部屋に行き、寝ていたC氏に性的暴行を加えた。

目が覚めたC氏が現場で抗議したが、A氏は性的暴行の事実を否認した。

また、C氏の通報で警察署に行っても「実際の性関係はなかった」とし、未遂を主張した。

(写真=TV朝鮮)

しかし、C氏が提出した証拠資料からA氏のDNAが発見され、足首を掴まれた格好だ。

なお、A氏は2010年代初め、作曲した曲がビルボード・コリアチャートにランクインして有名になり、最近は女性アイドルグループのプロデュースまで事業を拡大していた。

ソウル東部地検は今日、A氏を拘束状態で裁判所に預けた。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集