大検証!!『愛の不時着』でヒョンビン演じる北朝鮮将校リ・ジョンヒョクの魅力に迫る【PHOTO】

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国で最高視聴率21.7%を記録した大ヒットドラマ『愛の不時着』(tvN)。

【写真】ヒョンビン、『愛の不時着』撮影現場で見せた無邪気な笑顔

ある日、突風とともにパラグライダー事故で北朝鮮に不時着した財閥令嬢のユン・セリと彼女を隠して守るうちに恋に落ちる北朝鮮将校リ・ジョンヒョクの極秘ロマンスだ。

話題が話題を呼び、今やアジア全域を賑わせている本作品で注目を集めたのは、やはり未知の存在である北朝鮮の軍人リ・ジョンヒョクだった。

韓国が生んだスター俳優・ヒョンビン演じるリ・ジョンヒョクの魅力を今一度振り返る。

彫刻イケメン+射撃+武術=完璧

劇中の北朝鮮将校、リ・ジョンヒョクはハンサムなルックスだけでなく、能力も優れている。 その証拠に、撃術大会で受賞歴のある有段者に射撃実力を認められている。また、北朝鮮側の最前線警備隊の大尉として服務し、不法者を制圧する武術にも長けている。謎の残る事件の調査も淀みなく行うなど、妥協のない原理原則主義な性格。何をとっても完璧だ。

スイス留学経験のあるピアニスト

軍人になるべくして生まれたように見えるリ・ジョンヒョクだが、実は芸術学校卒業後、スイスにピアノ留学していた有望株だった。しかし、家族のため、兄の代わりに軍人になった。 音楽しか知らなかったリ・ジョンヒョクが軍人になるしかなかった背景が、視聴者の好奇心をそそった。

(写真提供=tvN)

献身的ツンデレ

リ・ジョンヒョクは誰よりも責任感の強い軍人だ。表には出さないが、自分の中隊員にだけはいかなる状況でも必ず気を使う。ゆえに人望も厚い。特に、他人が中隊員をむやみに扱うようなら容赦はしない。自分が被害を受けてでも部下たちの士気を落とすことはない。それだけでなく、危機に陥った人々にも背を向けず、必ず助ける。このような理由で、リ・ジョンヒョクの信頼度は100点満点だ。リ・ジョンヒョクと部隊員との絆は、お茶の間に笑いと温かさを届けた。

ターニングポイント「ユン・セリ」

リ・ジョンヒョクは優れた実力を誇る特級将校だ。軍人として忠実に任務を全うしたリ・ジョンヒョクのもとにある日、ユン・セリが不時着する。想定外の状況で、リ・ジョンヒョクがどのように変わるか関心を集めた。

内実ともに温かい北朝鮮将校リ・ジョンヒョクが、その甘い魅力で毎回女性ファンをを虜にしていったのだから、大ヒットは約束されたようなものだったのかもしれない。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事