BTSやSEVENTEENが公式謝罪…集団感染の梨泰院を訪問したトップアイドルたち

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソウルの繁華街、梨泰院(イテウォン)を訪問したBTSのJUNG KOOK(ジョングク)、ASTROのチャ・ウヌ、NCTのジェヒョン、SEVENTEENのミンギュが、4人とも公式謝罪した。

【全文】BTSの所属事務所、JUNG KOOK(ジョングク)の疑惑を認める

この間、オンライン上では4月25日に人気アイドルが梨泰院のバーを訪れたという目撃談が提起された。ネット上では、そのバーの外国人従業員と情報提供者が交わした会話の内容も出回った。

その会話のキャプチャ画像を見ると、「人気アイドルメンバーのAさんがそのバーを訪れたのは事実なのか」という質問に、従業員は「正しい。彼はBさんとここを訪問した」と認めていた。

ネット上ではさまざまな憶測が広がったが、該当のアイドルと指摘された所属事務所側は「アーティストの私生活であるため確認が不可能」「事実無根」などと一蹴した。

「事実無根」から一転して謝罪

しかし5月18日、韓国メディア『ディスパッチ』が梨泰院を訪問した人気アイドル4人を名指しすると、大きな波紋が生じた。

報道によると、ソーシャルディスタンスが強調された期間である4月25日にバーを訪れたのは、BTSのJUNG KOOK、ASTROのチャ・ウヌ、NCTのジェヒョン、SEVENTEENのミンギュであることが確認された。

BTSのJUNG KOOK(ジョングク)(左)とSEVENTEENのミンギュ

『ディスパッチ』の報道直後、各アーティストは所属会社を通じて梨泰院を訪問した事実を認め、公式謝罪した。彼らはいずれも検査で陰性判定を受け、自宅隔離中だ。また集団感染が起きた梨泰院のクラブには行っていないと伝えた。

BTSの所属事務所Big Hitエンターテインメントは「当社の対応に問題があったと後になって認識し、丁重にお詫び申し上げる」とし、「JUNG KOOKが梨泰院を訪問したことは事実だ。しかし、5月初めに感染者発覚で問題になった場所には行っていない。アーティスト本人も社会的距離を置くための社会的な努力に忠実に参加しなかった点を深く反省している」と述べた。

SEVENTEENの所属事務所Pledisエンターテインメント側も、「ミンギュは政府の社会的距離を置く期間中に社会的規範を守ることができず、間違った行動を深く反省している」とし、「周辺の人々への被害を懸念して自主的に選別診療所で検査を受け、結果陰性と判定され自己隔離及び個人衛生規則を徹底してきた」と伝えた。

集団感染が深刻だけに非難は必至

続いてチャ・ウヌの所属事務所Fantagioエンターテインメントは、チャ・ウヌが去る4月25日、知人と一緒に梨泰院を訪問していたことが確認された」とし、「当社の管理不十分により、全員との約束である社会的距離(ソーシャルディスタンス)を守れず、心配をおかけして申し訳ない」と謝罪した。

NCTの​​​​​​ジェヒョン(左)とASTROのチャ・ウヌ

最後にNCTジェヒョンの所属事務所SMエンターテインメントも、「ジェヒョンが去る4月25日、友人たちと梨泰院に位置したレストランやバー訪問した」とし、「慎重ではなかった部分に対して深く反省中」と伝えた。

先立ってゴールデンウィークが終わった5月7日から、梨泰院クラブ発の新型コロナ感染者が急増した。中央防疫対策本部は4月24日から5月6日まで梨泰院の遊興施設(クラブやバー、キャバクラ)を訪れた人を対象に、匿名の検査に応じるよう求め、外出を控えるように自宅隔離も要求した。

現在、梨泰院のクラブと関連した新型コロナの感染者数は160人を超えており、5月16日時点で4万6000人が検査を受けるなど、大問題となっている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集