アンジェリーナ・ジョリーの長男、新型コロナの影響で韓国からアメリカに帰国

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハリウッドスター、アンジェリーナ・ジョリーの長男マドックスが、新型コロナウイルスの影響で韓国からアメリカに帰った。

【注目】アンジーだけじゃない!! ハリウッドスターたちが続々と韓国を訪れるワケ

3月25日(現地時間)、米メディア『ピープル』によると、2019年に韓国の延世(ヨンセ)大学に入学したマドックスが予定より早く韓国を離れ、アメリカで過ごしているという。

新型コロナの影響により、オンライン講義と入寮予定が変更されたためだ。

同メディアは「アンジェリーナ・ジョリーの息子マドックスがコロナの余波で韓国からアメリカの家に帰ってきた」とし、「現在、母親と5人の兄弟姉妹と一緒に自宅に滞在し、韓国語やロシア語の勉強に熱を上げている」と報じた。

アンジェリーナ・ジョリー

K-POPなど韓流文化に高い関心を持っていたマドックスは、韓国の名門私立大学である延世大学のアンダーウッド国際大学・生命工学専攻に合格し、1年間にわたる松島(ソンド)国際キャンパスでの生活を終え、新村(シンチョン)キャンパスに移動する予定だった。

アンジェリーナ・ジョリーは『ピープル』とのインタビューで、「マドックスの大学進学計画が誇らしい。息子はアジアで勉強したがっている」と話していた。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事