【あの人は今】『チャングム』の天才子役が27歳のヒロイン女優になっていた!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本に韓流時代劇ブームを巻き起こした『宮廷女官チャングムの誓い』。2003年に韓国で放送されると平均視聴率40%を記録した。

日本でも2006年にNHKの総合テレビで地上波放送されただけに、日本でも視聴者が多かったことだろう。

特に放送序盤、主人公チャングムの少女時代編は、ほのぼのとした雰囲気ながら師弟愛などもあり、人気だった。またチャングムの幼年期を演じたチョ・ジェウンは日本でも注目を集めた。

【関連】『チャングム』美人女優に娘がいたとは!! 美しき白い肌PHOTOが話題に

気になるのはそのチョ・ジェウンと同じく、韓国でも「かわいらしい」と人気だったクミョンの少女時代を演じた子役だろう。

クミョンを演じていた子役の名は、イ・セヨン。1992年生まれで5歳にして芸能界デビューした彼女は、『チャングム』初放映時はまだ11歳だった。

『チャングム』でその存在を知らしめた彼女は、2004年に『ラブリー・ライバル』と『僕が9歳だった頃』という2本の映画でキラリと光る存在感を放ち、“花形子役”の仲間入り。

その後も『威風堂々な彼女』(2003年)、『僕らのイケメン青果店』(2011年)、『大王の夢』(2012年)、『会いたい』(2012年)と順調にキャリアを重ね、2017年には公共放送KBSのドラマ『最高の一発』で主演も務めた。

こうしてかつての“天才子役”は、2019年には『王になった男』と『医師ヨハン』などでもヒロイン役を演じ、今では主演級女優のひとりに数えられるようになった。

イ・セヨン

2020年3月からは新作ドラマ『メモリスト』でヒロイン役を務めているイ・セヨン。27歳となり、今後の活躍がますます期待できそうだ。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集