新型コロナの脅威が続く韓国で、スターたちが支援活動でエール!1億ウォン寄付も多数

このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルス感染症の脅威が続く韓国で、芸能界のスターたちが積極的な支援に乗り出している。

韓国では感染者が1500人を突破し、危機警報も「深刻」の段階に引き上げられた。そのため大型イベントや外出が自粛ムードとなっており、社会の雰囲気も明るくないが、スターたちは善行を続けることで温かさを伝えている。

映画『私の頭の中の消しゴム』などで知られる女優ソン・イェジンは、感染者が急増する大邱(テグ)の低所得層のためとして大邱社会福祉共同募金会に1億ウォン(約1000万円)を寄付した。

【写真】女優ソン・イェジンがヒョンビンと熱愛説…海外で仲良く買い物?

ソン・イェジンは所属事務所を通じて、「大邱は生まれ育った故郷であり、両親も住んでいて、私にとっては特別な所。ニュースを通じて大邱の現状を知り、胸が痛かった」とし、「救いの手を切実に必要としている低所得層と、コロナ治療や防疫活動に実質的な助けになることを願う」と伝えた。

左上から時計回りでソン・イェジン、ソン・ジュンギ、パク・シネ、IU、チョン・リョウォン

韓流スターの寄付が続いていく

ソン・イェジンと同じく、女優チョン・リョウォンも「小さな関心と力が集まって、感染の危険から守られれば」と、国際救護開発NGOグッドネーバーズに1億ウォンを寄付した。

『太陽の末裔』の俳優ソン・ジュンギと、歌手兼女優のIUも、それぞれ1億ウォンを寄付。女優パク・シネも5000万ウォン(約500万円)を寄付し、“寄付リレー”が続いた。

公開恋愛中の女優シン・ミナと俳優キム・ウビンも、それぞれが1億ウォンずつ寄付し、“善行カップル”と注目を集めた。

シン・ミナ(左)とキム・ウビン

支援活動を行ったのは、彼らだけではない。

イ・ビョンホン、ソン・ガンホ、キム・ヘス、コン・ユ、パク・ボヨン、ユ・ヘジン、パク・ソジュン、ペ・スジ、ヘリ、ソ・ユジン、イ・シヨン、チュ・ジフン、キム・ソヒョン、ユン・セア、ユ・ジェソク、カン・ホドン、チャン・ソンギュ、キム・ナヨン、キム・ジョングク、ソン・ガイン、チャ・ウヌ、イ・スンファン、チョンハらが寄付を続けた。

寄付だけでなく、女優キム・ゴウン、T-ARA出身のヒョミン、トロット歌手ホン・ジニョンなどは、必要とされているマスクや消毒剤などの物品を支援したりもした。

左上から時計回りでイ・ビョンホン、キム・ヘス、コン・ユ、ペ・スジ、ソン・ガンホ、キム・ゴウン
左上から時計回りでユ・ジェソク、パク・ボヨン、カン・ホドン、キム・ソヒョン、チャ・ウヌ、ヘリ

歌手でタレントのパク・ミョンスは『パク・ミョンスのラジオ番組』で、「マスクを公共機関のような場所に十分に置いて、誰でも使用できるようにしてくれたら。もう少し良い解決策があればいい」と話し、実際にマスク2万枚を寄付する“言行一致”の姿を見せた。

また別の方法で、新型コロナ事態に接しているスターもいる。

韓国政府の対策を批判するスターも

歌手チョ・ジャンヒョクはSNSを通じて、「“人が先だ”という言葉がまだ耳元に残っているが…ただの選挙遊説のフレーズだったと見ます。国家に対する寂しさを感じているのは、私だけでしょうか?」と、現政権を批判したりした。

女優チン・ソヨンもSNSに、マスクの価格高騰について「一歩遅れた対策と暴利企業を捕まえることもできないのが現実。何が問題なのかなんて。人間の基本的な生存権に関する話を捻じ曲げながら。情けない」と批判した。

俳優ハン・サンジンもSNSを通じて、韓国政府の対策について批判した。

左上から時計回りでパク・ミョンス、チン・セヨン、ハン・サンジン、チョ・ジャンヒョク

こうした発言に対して「サイダーのようにすっきりした」という反応もあるが、残念だという声も少なくない。大きな影響を与えるスターの発言だけに慎重さが必要であり、ただの感情的な批判ではないかという意見も続いている。

いずれにしても、過去に経験がない不測の事態により、さまざまなイベントがキャンセルされ、韓国芸能界の公式スケジュールが中断されている現在。それぞれ方法は異なるが、スターたちの誰もが新型コロナ事態の克服を望んでいるという点は共通している。

一方で一部のネットユーザーは、寄付のニュースが伝わってこないスターたちに悪意あるコメントを書き込むなどし、また別の切なさを伝えている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事