「急所を蹴られた!」チェ・ホンマンが中国ファイターにTKO負け

2018年11月11日 スポーツ一般 #格闘技
このエントリーをはてなブックマークに追加

チェ・ホンマンが中国のイー・ロンに敗れた。

チェ・ホンマンは11月10日、マカオで行われた格闘技イベントで、176cmのファイター、イー・ロンに4分23秒でTKO負けを喫した。

イー・ロンは、42cmの身長差を克服するため、ローキック戦略を使った。これが的中した。

チェ・ホンマンは数回ローキックを許してダメージが積もると、顔面パンチも数回許した。

4分23秒頃には、イー・ロンの後ろ蹴りを許した。チェ・ホンマンは、「急所を蹴られた」と主張し、審判は試合をしばらく中断させた。

しかし、チェ・ホンマンはなかなか立ち上がれず、審判の質問を受けても試合再開の意思表示をしなかったため、試合はそのまま終了した。

審判は、イー・ロンのキックが急所を外したと見て、TKO負けと判定した。

(人気記事:ボクシング連盟・山根明前会長が独占告白。「あれは在日コリアン出身の私を引きずり下ろすための陰謀だった」

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事