南野拓実のリバプールデビューに韓国メディアも反応!「ゴールやアシストこそなかったが…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本代表MF南野拓実(24)のリバプール公式戦デビューを、韓国メディアも報じている。

【関連】“旭日旗騒動”に巻き込まれたリバプールが謝罪も…欧州サッカーでは問題意識なし?

1月6日(日本時間)、リバプールは本拠地アンフィールドで行われたFAカップ3回戦でエバートンと対戦した。試合は後半26分にカーティス・ジョーンズ(18)がゴールを決め、リバプールが1-0で勝利した。

本紙『スポーツソウル』のキム・ヨンイル記者は、「この試合、リバプールは控えメンバーが主に出場したが、今冬にザルツブルクから移籍した南野も出場機会を得た」と伝えた。

同記者は続けて「ゴールやアシストこそなかったが、後半25分に交代するまで活発にグラウンドを駆け回った」と南野を評価した。

南野拓実のリバプールデビューを報じる『スポーツソウル』電子版

エバートン戦後、リバプールのユルゲン・クロップ監督は南野について「(南野は)チームに合流して間もない中でデビュー戦を終えた。トレーニングも2回しか消化していない。だが、戦術理解度やスキル、態度などの面が優れていた」と称賛した。

またクロップ監督は、途中交代を命じた理由について「疲労は見えなかったが、無理にプレーさせることは望んでいなかった」と述べた。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事