ザルツブルクの“日韓デュオ”、南野拓実とファン・ヒチャンが得点!「とても幸せ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

「厳しい試合だったが、勝利できてとても幸せだ」

ザルツブルクは11月28日(日本時間)、ベルギーで行われた2019-2020シーズンUEFAチャンピオンズリーグ(CL)第5戦で、KRCヘンクとアウェーゲームを行った。

【関連】南野とのコンビが話題のファン・ヒチャンがリバプール戦“秘話”明かす

ザルツブルクは前半43分にパトソン・ダカが、同45分に南野拓実がゴールを決める。すると後半24分、ファン・ヒチャンがダメ押しとなるチーム3点目を記録した。自身の今季CLの3得点目だ。

ザルツブルクはその後もアーリング・ハーランドが1点を追加して、4-1の大勝を収めた。

(写真=ザルツブルク公式Twitter)

試合後、CL公式インタビューでファン・ヒチャンは「ビッグマッチで勝利できてとても幸せだ。厳しい試合だった。それでも僕たちは勝った。勝利が続くことを願う。今日の結果は非常に満足している」と、試合を成功裏に終えた感想を話した。

ザルツブルクは勝ち点を7とし、最終節までグループステージ突破の可能性を残した。最終節では、リバプールとホームで対戦する。

ファン・ヒチャンは「リバプール戦が残っているが、その試合に勝って決勝トーナメントに必ず進出する」と覚悟を明らかにした。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事