ソン・フンミンも“がん治療”に励むユ・サンチョル監督にエール「あの笑顔をもう一度」

このエントリーをはてなブックマークに追加

「日韓W杯のポーランド戦でゴールしたときに見せたあの笑顔をもう一度…」

サッカー韓国代表のエースでありキャプテンのソン・フンミン(27・トッテナム)が、すい臓がん治療に励んでいる仁川ユナイテッドFCのユ・サンチョル監督の回復を祈った。

【関連】すい臓がん公表のユ・サンチョル監督「再びグラウンドに立つことを約束」

ジョゼ・モウリーニョ監率いるトッテナムは、11月27日(日本時間)に行われたUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第5戦のオリンピアコス(ギリシャ)戦を4-2の逆転勝利で終えた。

この試合、ソン・フンミンは2-2の同点で迎えた後半28分にセルジュ・オーリエの逆転弾につながる今季6回目のアシストを記録した。

オリンピアコス戦後、ミックスゾーンでインタビューに応じるソン・フンミン

ソン・フンミンは、試合後のミックスゾーンでユ・サンチョル監督のニュースに触れ、率直な心境を明かした。

彼は「2002年日韓W杯を見て育った少年の頃を振り返ると、(ユ・サンチョル監督は)まさに韓国サッカー界の英雄だった。がんの知らせを聞いたときは心が落ち着かなかった。多くの方がユ・サンチョル監督を支持している。私も遠いイングランドからではあるが、同様にエールを送っていることを必ず伝えてほしい」と述べた。

ユ・サンチョル監督(写真右から2番目)

ソン・フンミンにとって、ユ・サンチョル監督はアイドルであり同国の大先輩だ。彼はユ・サンチョル監督が現役時代、韓国サッカー界の歴史に残る最高の名場面である日韓W杯のポーランド戦を挙げ、切実な思いを伝えた。

「一日も早く回復することを願っている。日韓W杯ポーランド戦でゴールしたときに見せたあの笑顔を、もう一度多くの方に見せてくれることを祈る」

ソン・フンミンはユ・サンチョル監督へエールを送った。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事