「ビルドアップも選手起用法も疑問」との批判にもメゲない韓国ベント監督の頑固さとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

サッカー韓国代表のパウロ・ベント監督は頑固だ。

ベント監督が率いる韓国代表は11月のAマッチ2連戦を終え、仁川(インチョン)国際空港を通じて帰国した。

結果は満足いくものではなかった。11月14日のカタールW杯アジア2次予選のレバノン戦では0-0で引き分け、11月19日のブラジル戦は0-3で完敗した。これに10月の北朝鮮戦を含めると、3試合連続無得点だ。

【写真】ソン・フンミンにも夢中? 歴代“サッカー応援美女”を一挙紹介!!

今回のAマッチ2連戦ではベント監督が追求してきた「ビルドアップサッカー」が十分に発揮されなかった。

レバノン遠征ではピッチへの適応問題もあったが、相手の密集守備を崩すことができなかった。パスミスが頻繁にあり、前方にボールがつながらなかった。

後半17分には196cmの長身FWキム・シンウクを投入して制空権の掌握を狙ったが、まともなクロスは一度もなく、得点に失敗した。

それでもベント監督は帰国会見で、ビルドアップサッカーに対する自分の確固たる考えを重ねて強調した。

「ブラジルとのAマッチでビルドアップが困難だった。しかし良い場面も演出した。ビルドアップを通じて攻撃まで続ける場面では、肯定的な面も見られた。そうした過程をより効率的に生かすことが重要だ」

選手起用にも疑問が噴出しているベント監督

そして続けたのだ。

「現在、韓国代表チームにはビルドアップサッカーが最も適切だと考えている。そのため引き続き行っており、補完してさらに発展させたい」

ベント監督の変化のない選手起用も俎上に載せられている。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事