西野監督タイ代表ベンチと衝突した韓国パク監督が告白「西野監督とは…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

「私をあざ笑っているようで気持ち悪くて行動で示したのだ」

サッカー・ベトナム代表を率いるパク・ハンソ監督は11月20日、ベトナムサッカー協会で行った韓国取材陣とのインタビューで、前日に起こったタイ代表コーチングスタッフとの衝突について、口を開いた。

ベトナム代表は11月19日、ハノイでタイ代表とカタール・ワールドカップアジア2次予選を戦い、0-0で引き分けた。東南アジア最大のライバル同士の試合だったため、熱い熱気が続いた。

【関連】日本代表の“大敗”に韓国紙も注目「成す術もなく、プライドに傷がついた」

衝突は試合後に起きた。

パク監督は礼儀を正すため、タイ代表ベンチに向かい、タイ代表を率いる日本人の西野朗監督に握手をした。 

「実は西野監督とは以前から…」

この時、タイ代表とのあるコーチがパク監督に向かって不気味に笑ったという。パク監督はこの姿を目撃して、むっとするような姿を見せたが、当時の状況についてパク監督が口を開いたのだ。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事