世界1位の貫録見せた!韓国フェンシングが男子サーブルW杯団体戦で金メダル獲得

このエントリーをはてなブックマークに追加

フェンシング男子サーブルで世界ランキング1位につける韓国が、今シーズン最初の試合で団体戦金メダルを獲得した。

11月18日、エジプトのカイロで国際フェンシング連盟男子サーブルW杯が行われた。韓国は団体戦で強豪国を次々と破り、表彰台の頂点に立った。

【関連】男子フルーレW杯で韓国が銀メダルの快挙!東京五輪出場に一歩近づく

韓国内で“看板スター”と呼ばれるク・ボンギル(30)、オ・サンウク(23)、キム・ジュンホ(25)と“帰って来た兄さん”キム・ジョンファン(36)によって構成されたチームは、ベスト16でイギリスとの接戦を45-44で制すると、ベスト8では中国を45-39で破り、待望の決勝戦へと進出した。

左からオ・サンウク、キム・ジョンファン、ク・ボンギル、キム・ジュンホ

決勝の相手は、イタリアを45-37で下した伝統的な強豪国ハンガリーだった。韓国は一進一退の攻防を繰り広げた末、45-41で試合を制し見事優勝に輝いた。

ク・ボンギルは自身のSNSで金メダル獲得を報告し、「エジプトW杯団体戦金メダル、シーズン初陣の団体戦で金メダルを得た勢いを東京五輪までつないでいこう」と、世界ランキング1位の自負心を露わにした。

(写真提供=国際フェンシング連盟)金メダルを手に記念撮影に臨むフェンシング男子サーブル韓国代表。
左からオ・サンウク、キム・ジュンホ、ク・ボンギル、キム・ジョンファン

また、キム・ジョンファンは個人戦にも出場し、銅メダルを獲得。36歳にしてまったく衰えのない技量を見せつけた。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC『愛の不時着』特集