ガンバ大阪を去った元韓国代表チュ・セジョンは今…「より競争力のあるチームに」と強調したワケ

「気後れせず、チャレンジャーの立場で」

【関連】チュ・セジョンがG大阪時代を回想「言い訳かもしれないが…」

韓国Kリーグ1(1部)昇格組の大田(テジョン)ハナシチズンは現在、タイ・チョンブリーでキャンプを実施し、2023シーズンに向けた準備に取り組んでいる。

2015シーズン以来8年ぶりに1部復帰を果たした大田のオフシーズンのトレーニングは、これまで以上に几帳面に、かつ着実に進められている。

大田の昇格達成の中心には、レンタル身分だった元韓国代表MFチュ・セジョン(32)がいた。

昨季途中にガンバ大阪からレンタル移籍で大田に加入したチュ・セジョンは、19試合に出場して1ゴール3アシストを記録。中盤の要として攻撃の潤滑油の役割を担った。

特に、金泉尚武(キムチョン・サンム)との入れ替え戦第1戦では逆転ゴールを決めるなど、チームの昇格に大きく貢献。そして最近、大田への完全移籍加入が発表された。

「サッカー人生で一番記憶に残る瞬間は…」

1月19日、チョンブリー現地で本紙『スポーツソウル』の取材に応じたチュ・セジョンは、「久しぶりに韓国で過ごすオフシーズンです。大変ではあります」と笑いながらも、「昇格を成し遂げたので、1部で戦う準備をしなければなりません。もっと徹底的に、上手くやらなければならないという考えを持っています」と語った。

前へ

1 / 3

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集