女子バレー日韓戦!!「最精鋭にして完全体」という韓国はどんなチームなのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

9月14日から開幕した女子バレーボールのFIVBワールドカップバレー。

オリンピック、世界選手権と並ぶ“世界3大会のひとつ”とされ、今大会は来年の東京五輪を占う前哨戦として位置づけられるだけに、中田久美監督率いる「火の鳥NIPPON」への注目度は高い。

初戦(14日)のドミニカ共和国戦には勝利したものの、昨日のロシア戦(15日)ではフルセットの末に惜敗。連勝はならなかったが、期待は高まるばかりだ。

そんな「火の鳥NIPPON」が本日9月16日に対戦するのが、韓国だ。

韓国は初戦の中国戦を落とし、昨日のドミニカ共和国戦でも1-3で敗れて2連敗。あとがない状況だが、その顔ぶれは決して侮れない。女子バレー韓国代表はどんなチームなのか。詳しく紹介したい。

【写真】“Vリーグ女神”に“美人姉妹”…韓国美女バレー選手ベスト6を一挙紹介

「ついに“最精鋭メンバー”でW杯に挑む女子バレー」(『スポーツトゥデイ』)。これは大会開幕前に韓国メディアが報じたヘッドラインだ。

実際、今回の来日メンバーは“最精鋭”と呼ぶにふさわしい。

日本でも有名なスーパーエースであるキム・ヨンギョンはもちろん、昨季の韓国Vリーグ・MVPに輝いたレフトのイ・ジェヨン、さらには「国産大砲」とも呼ばれる“美女スパイカー”のパク・ジョンアもいる。まさに 韓国女子バレーの“顔”が勢ぞろいしたベストの布陣だ。

新監督のもとで続いた韓国の模索

「ラバリニ号、ついに“完全体”に」(『SPOTV NEWS』)という見出しも納得だ。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事