“北のクリロナ”ハン・グァンソン、ユベントス初のアジア人として正式契約!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

“北朝鮮サッカーの未来”と呼ばれるハン・グァンソンがイタリア・セリエAの名門ユベントスと契約した。

ユベントスは9月3日、SNSを通じてハン・グァンソンと契約したことを公式発表した。 期間は2023年までの4年間だ。

ハン・グァンソンは2014年のU-16アジア選手権で4ゴールを決めて、北朝鮮の優勝の原動力になったストライカーだ。特にイ・スンウが率いていたU-16韓国代表との決勝戦では同点ゴールを決めて、逆転勝利の土台を作った。

【写真】“北のクリロナ”ハン・グァンソンのイタリアでの軌跡

翌年、カリアリでイタリア生活を始め、2017年4月2日のパレルモ戦で途中出場し、北朝鮮初の欧州ビッグリーグ・デビューを遂げた。同年4月9日のトリノ戦ではセリエA初ゴールも決めている。

以降、セリエBのペルージャで37試合11得点を記録。今季開幕前にカリアリに復帰したが、ユベントスが新たな所属先となった。

(写真=ユベントス・ユースSNS)ハン・グァンソン

ユベントスはクリスティアーノ・ロナウドら世界的なアタッカーを多く抱えるクラブだ。現状ではハン・グァンソンが今すぐ立つ席はない。

事実、今回の契約はユベントスのトップチームとしたというよりも、まずは23歳以下のU-23チームと契約したという見方もできる。ハン・グァンソンはトップチームと頻繁に練習しながら、出場はU-23チームのほうで行うことになる見通しだ。

契約内容も正確にはユベントに1年間レンタルされた後、500万ユーロ(約5億8000万円)で正式移籍するというもの。彼の入団発表もユベントスのユースアカデミーのアカウントで発表された。

ユベントスU-23は今季、セリエCに参加する。満21歳のハン・グァンソンの立場としてはリーグレベルが以前より劣るところでプレーするわけだが、彼の成長の可否を見守るしかないだろう。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事