元ガンバ大阪ファン・ウィジョは、サイドではなく“ワントップ”で起用すべきだ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファン・ウィジョはセンターでプレーしなければならない。

夢を抱いてフランス1部リーグ、ジロンダン・ボルドーに入団したファン・ウィジョの公式デビュー戦が惜しくも終わった。

ファン・ウィジョは去る8月10日、アンジェとの2019-2020シーズン開幕戦に先発出場したが、後半23分に途中交代となった。

ボルドーが前半を1-3と劣勢で折り返すと、パウロ・ソウザ監督は後半に入って、攻撃ラインに変化を加えた。それでもファン・ウィジョは、最も遅い3人目の交代対象だった。

【インタビュー】ファン・ウィジョ「自分だけの武器を作る」

この日、ファン・ウィジョは自分のメインポジションでプレーできなかった。

ソウザ監督は34歳のベテラン、ジミー・ブリアンを4-2-3-1のワントップに置き、ファン・ウィジョを右ウインガーとして起用した。ファン・ウィジョは序盤5分間、ハードに戦った。前半4分のニコラ・ドゥ・プレヴィユのゴールも、ファン・ウィジョがファールを誘いながら生まれたものだった。

しかし、その後はボルドーの中央守備が崩れ、3ゴールを相次いで許し、ファン・ウィジョも大きな活躍を見せられなかった。

(写真=ジロンダン・ボルドー公式SNS)開幕戦のキックオフを前に集まる選手たち、ファン・ウィジョは18番

ボルドー敗北の原因は、守備の不安にある。しかし攻撃の最大化に失敗したことも、指摘せざるを得ない。結局のところ、ファン・ウィジョは最前線でワントップとしてプレーしてこそ、光を放つ選手だ。

8月4日、ジェノアとプレシーズン最終戦のホームゲームでゴールを決めたのも、ファン・ウィジョがワントップでプレーし、自由に動いたからである。サイドに置いて中央に切れ込むプレーを要求することは、ファン・ウィジョの活動領域を制限することにつながる。

SBSのスポーツ解説委員キム・ドンファンも「ファン・ウィジョはペナルティエリアに置かなければなら選手だ。ジミー・ブリアンは後半に出すことが正しい」と述べた。

ボルドーは開幕戦に完敗し、早くも不安な印象を残した。ソウザ監督も8月17日に行われるモンペリエとのホーム開幕戦では、内容と結果の両方を得なければならない課題に直面した。

ファン・ウィジョのワントップ起用が良い解決策だ。2列目やウインガーは、彼には似合わない。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事